3Dプリンタでオリジナルチョコを作ろう!英エクセター大学研究チームが「3Dチョコプリンター」を開発

 

イギリスのエクセター大学の研究チームが、3Dデータを「チョコレート」で出力する「3Dチョコプリンター」を開発した。好きなデザインをチョコレートで積層造形することができる。

同3Dプリンタを開発したのは、エクセター大学のLiang Hao博士を中心とする研究チーム。積層造形機能を持つこれまでの3Dプリンタと同様に、溶かしたチョコを層状に重ねてデザインを仕上げていく。もちろん出来上がったチョコはちゃんと食べることができる。研究チームでは今後も研究・開発を重ねて1台あたりの単価を安くし、最終的に商品化して一般の店舗に導入することを目指している。また一般人が店舗に3Dデータを持ち込みオリジナルチョコを作れるよう、デザイン入力用のインターフェースも開発中だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket