VR ニュース 仮想空間

日本発のVR仮想空間「ambr」、2019年夏にオープンアクセスを開始 Oculus Quest対応も予定

投稿日:

日本発のソーシャルな仮想世界を開発・運営する株式会社ambrが、2019年夏よりソーシャルVR空間「ambr」のオープンアクセスを開始する。現在対応中のVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Oculus Go」に加えて「Oculus Quest」への対応を進めるほか、クローズドアクセス期間中の新規登録ユーザーを追加募集する。

日本発のVR仮想空間「ambr」、2019年夏にオープンアクセスを開始 Oculus Quest対応も予定

「ambr」はVRデバイスからアクセス可能な新たな仮想世空間。ユーザーはアバターとなってアクセスし、他のユーザーと一緒にコミュニケーションやゲームを楽しむことができる。現在はOculus Goに対応しており、2019年4月9日より登録者限定のクローズドアクセスを開始している。
同社ではオープンアクセス開始に向けて、Oculus Questの対応や、VRクラブ、VRギャラリーなど新コンテンツの追加などを予定しているという。アップデート概要は以下のとおり。

<実施済みのアップデート(一部)>
1. #stabilizing : 安定性の向上
2. #Playground : 空間をカスタマイズできる機能及びスペースを追加
3. #One's Bar : VR飲みが可能なバースペースを追加

日本発のVR仮想空間「ambr」、2019年夏にオープンアクセスを開始 Oculus Quest対応も予定

<実施予定のアップデート(一部)>
1. "VRクラブ"・"VRギャラリー" などの新コンテンツ追加(2019年夏予定)
2. 新しいVRデバイス「Oculus Quest」の対応(2019年夏予定)
3. ambr上でより様々なVRMアバターが利用できるシステムの構築(2019年中予定)

日本発のVR仮想空間「ambr」、2019年夏にオープンアクセスを開始 Oculus Quest対応も予定

新規ユーザー登録ページはこちら
https://forms.gle/nzeT58PJJrYonSMm9

なお、同社では「ambr」とコラボレーションしてくれるクリエイターや、ファンやブランドを持つIP/企業を募集している。

クリエイター・企業向けコラボ問い合わせページはこちら
https://forms.gle/9tSLNpwoWa7KGwi59

-VR, ニュース, 仮想空間
-

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.