SmallWorlds、Ningアプリバージョンをリリース

   2013/03/21

Small Worlds、 Ningアプリバージョンをリリース

Webブラウザ上で操作できる3D仮想空間「SmallWorlds」を運営するニュージーランドのOutsmartが、自分でSNSを作ることができるSNSプラットフォーム「Ning」のアプリとして利用できるバージョンをリリースした。

「Ning」は、ユーザーが自分独自のSNSを簡単に作成できるSNSプラットフォーム。1アカウントで「Ning」内にある様々なSNSに所属することができ、それらを1まとめにして友達リストを共通にする機能などもある。
その「Ning」も最近のソーシャルプラットフォーム化の波に乗り9月10日に「Ning Apps」をオープン。「Ning Apps」は、Ning内の個々のSNSの管理者が、自分のSNS内にいるユーザー全員に一度に同一のアプリを追加させることができるのが特徴。現在、第一段階として90個の「Ning Apps」アプリが公開されている。
その中の一つとしてSmallWorldsも「Ning Apps」バージョンをリリース。同サービスは既にFacebookとMySpace、Bebo、hi5でもアプリバージョンをリリースしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket