イベント ゲーム ニュース

11/1、松山洋氏の書籍「エンターテインメントという薬」発売1周年記念ワークショップが開催

投稿日:

11/1、松山洋氏の書籍「エンターテインメントという薬」発売1周年記念ワークショップが開催

株式会社クリーク・アンド・リバー社が、11月1日(木)にゲーム業界へ就職したい学生と現役ゲームクリエイターを対象に、書籍「エンターテインメントという薬」(発行:株式会社Gzブレイン)の発売1周年を記念して、著者である株式会社サイバーコネクトツーの代表取締役の「ぴろし」こと松山洋さんをゲストに、「ゲーム業界で生きていくことの意味」を考えるワークショップを開催する。

この書籍は、松山さんとある少年の出会いと奇跡を書き記したノンフィクション作品。発売後、その内容がフジテレビのドキュメンタリー系バラエティ番組「奇跡体験!アンビリバボー」内でドラマ化され、多くの人たちの感動を呼んだ。
同書籍には「なぜゲーム業界を選ぶのか?」「何のために働くのか」ということを改めて考えさせる内容が詰まっており、イベント当日は、松山さんと一緒に、普段、それほど深く考える機会のない“ゲーム業界で生きていくことの意味”について、じっくりと考えていくという。
なお、ワークショップのほか、書籍販売と書籍購入者限定のサイン会も開催予定(事前購入持ち込み可)。サイン会後は松山さんを囲んでの懇親会も行う。開催概要は以下のとおり。

書籍『エンターテインメントという薬』発売1周年記念ゲーム業界ワークショップ 概要
■日時
2018年11月1日(木)19:30~21:30(受付開始19:00)

■場所
株式会社クリーク・アンド・リバー社 本社 5Fイベントホール
住所:東京都港区新橋四丁目1番1号新虎通りCORE
地図:https://www.creativevillage.ne.jp/access_map#maptokyo

■登壇者
株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 松山洋氏

■対象
・ゲーム業界を志す学生
・現役ゲームクリエイター

■参加費
1,000円(税込)
※クリーク・アンド・リバー社の会員の方は無料
・既存会員の方は応募フォームの会員IDの項目にご記入ください
・未会員の方はhttps://cri-professional.com/mypage/guest/registration/edit.xhtmlから会員登録後、メールにて送付される会員IDを応募フォームのご記入ください

■定員
300名

■主催
株式会社クリーク・アンド・リバー社

■共催
株式会社サイバーコネクトツー

▼詳細・お申し込みはこちら
https://www.creativevillage.ne.jp/48668

(C)Hiroshi Matsuyama 2017(C)2017 Gzbrain inc.

エンターテインメントという薬 -光を失う少年にゲームクリエイターが届けたもの-

-イベント, ゲーム, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.