イベントレポート レポート

【レポート】小学生も参加! グローバルラボ仙台主催「Unityセミナー」レポート

更新日:

【レポート】小学生も参加! グローバルラボ仙台主催「Unityセミナー」レポート

7月29日(日)、仙台市・ドコモ東北支社ビルにて、グローバルラボ仙台主催によるゲーム開発エンジン「Unity」の使い方についてレクチャーする初心者向けの無料講座「Unityセミナー」が開催されました。
グローバルラボ仙台では昨年よりUnityの無料講座を不定期開催しており、今年に入ってからはこれが2回目。仙台市内には多くの大学と専門学校があるためか参加者のほとんどは学生がでしたが、なんと今回は小学生まで参加!仙台のゲーム開発に対するアツさが感じられるイベントとなりました。

【レポート】小学生も参加! グローバルラボ仙台主催「Unityセミナー」レポート
同セミナーは毎回ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(Unity Japan)よりエヴァンジェリストが来仙する本格的な内容なのですが、今回も同社のプロダクト・エバンジェリストの簗瀨洋平さんが来仙し、Unityの基本概要から活用事例、最新情報などを解説してくれました。

【レポート】小学生も参加! グローバルラボ仙台主催「Unityセミナー」レポート
ちなみに簗瀨さんは「ワンダと虚像」などのゲーム開発に携わった後、2012年より東京大学先端科学技術研究センターの客員研究員としても活動しており、VRを使用した無限回廊システム「Unlimited Corridor」で第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞を受賞。これは現実世界では限られた空間の中に配置された円形の壁でも、それを手で触りながらVR空間上で真っ直ぐに描写された通路を通ると、体験者は真っ直ぐな通路を通っていると錯覚し無限に続く回廊を歩き回ることができるというVR作品。もともとこれは人間の知覚の錯覚を証明するために製作した学術的作品だったそうですが、お化け屋敷への活動などエンターテイメント方面から高く評価されたとのこと。もちろんこれもUnityで開発されています。

【レポート】小学生も参加! グローバルラボ仙台主催「Unityセミナー」レポート
また、これは最近Twitterで結構バズっていたので見たことのある人もいるかもしれませんが、最近簗瀨さんが引っ越しを行った際、不動産屋からもらった間取り図をベースに新居の家具のレイアウトをUnityでシミュレートしたところ、引っ越し業者に「見やすい」と非常に好評だったとか。この自身の例を挙げ、「Unityはゲーム開発だけでなく、日常生活に於ける様々な場面でも活用可能」であることを示しました。

【レポート】小学生も参加! グローバルラボ仙台主催「Unityセミナー」レポート

【レポート】小学生も参加! グローバルラボ仙台主催「Unityセミナー」レポート

【レポート】小学生も参加! グローバルラボ仙台主催「Unityセミナー」レポート
これに続けて、簗瀨さんはUnityが現在では3Dゲームの開発にとどまらず、3Dアニメーション作品や医療の現場、防災コンテンツ、アート、ガジェットの組み込み用ソフトとあらゆるところで活用されている事例を紹介しました。

【レポート】小学生も参加! グローバルラボ仙台主催「Unityセミナー」レポート
次に、専門学校デジタルアーツ仙台で教鞭を取りながら仙台の小中学校の「職業理解」の授業も担当する志村淳さんによるUnityハンズオンが行われました。志村さんはFacebookにて「Unityユーザー助け合い所」「Unityユーザー雑談所」も管理されています。なお、志村さん曰く「なぜUnityを使うのか?」その理由は…

【レポート】小学生も参加! グローバルラボ仙台主催「Unityセミナー」レポート
中の人が面白いから

【レポート】小学生も参加! グローバルラボ仙台主催「Unityセミナー」レポート
確かに(※Unity Japanの大前広樹さんです)

世にゲーム開発エンジン数あれど、現地オフィス担当部長自らこんな格好をするところはあまり(というかUnity以外ぜんぜん?)ないのではないでしょうか?

【レポート】小学生も参加! グローバルラボ仙台主催「Unityセミナー」レポート
ということで早速Unityを触ってみましょう。今回のイベントはUnityの未経験者も対象とした初級コース的な内容なので、いきなり一からゲームを作ることはせず、志村さんがあらかじめ用意してくれた「玉転がしゲーム」のサンプルデータをダウンロードし、それを元に自分でアレンジを加えてUnityの使い方を覚えていきます。

【レポート】小学生も参加! グローバルラボ仙台主催「Unityセミナー」レポート

【レポート】小学生も参加! グローバルラボ仙台主催「Unityセミナー」レポート
玉が転がるルートを想定し、障害物の配置を変えてゲーム性を出していきます。慣れるためにとりあえず”叩き台”になるデータを用意し、それを自分であれこれカスタムして覚えていくという方法は、サイトやブログのテンプレートを弄ってHTMLやCSSの書き方を覚える方法にも似ており、何かを覚える際の手順は皆共通しているのかもしれません。

今回は小学生の参加者もいたくらい初心者向けの内容でしたが、イベントの最後に参加者に希望を聞いたところ、今後は中級者向け講座も開催して欲しいという要望がありました。なのでこの先も参加者のレベルに合わせて継続して仙台でUnityセミナーが開催されるかもしれません。決まり次第またこのサイトでも告知しますので、参加希望の方は是非今後も情報をチェックしてみてください。

 

Unityの教科書 Unity 2018完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment&IDEA)
Unityの教科書 Unity 2018完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment&IDEA)

Unityゲーム プログラミング・バイブル
Unityゲーム プログラミング・バイブル

-イベントレポート, レポート
-, ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.