VR ニュース

積木製作、VRと3Dデータを活用した設計者向け次世代プレゼンテーションツールを開発

投稿日:

積木製作、VRと3Dデータを活用した設計者向け次世代プレゼンテーションツールを開発

株式会社積木製作が、建設や製造業等の設計者向けに3Dデータを活用したVRプレゼンテーションツール「VR CAD Viewer」を開発し、そのサービス提供を開始した。

「VR CAD Viewer」は、Lenovoの一体型VRヘッドマウントディスプレイ「Lenovo Mirage Solo」で自由にプレイできるVR機器で手軽に3Dデータを閲覧することができるシステム。体験者が見ている映像は外部ディスプレイに転送され、同じ映像を共有しながらプレゼンテーションを行うことができるのが特徴で、Lenovo Mirage Soloを複数台用意することで、同一空間に一緒に入ることができ、その場に一緒に存在しているような状況を再現する。3Dデータを受領してから、早ければ数日で変換が完了し、意思決定の速度を損なうことなく設計内容の確認、共有が可能になる。
意匠から設備、構造、施工、コストなど建築において必要な情報を統合管理した総合情報構築システムであるBIM(Building Information Modeling)データから意匠に関わる3Dモデルのみを抽出することで、効率的なVR閲覧環境の構築を実現しており、データの変換にはUnityのサービス「Unity BIM Importer」を利用。形状や仕上げ素材、照明の情報をそのままVRへと変換する。

積木製作、VRと3Dデータを活用した設計者向け次世代プレゼンテーションツールを開発

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.