AR ニュース

CynackがAR専用ブラウザをローンチ 共創パートナー企業を募集中

投稿日:

Cynack株式会社が、AR専用のマークアップ言語OMLを活用した世界初のARブラウザ「Sphere」サービスをローンチした。これに伴い、持続的かつ実用的なARプロダクトを共創するパートナー企業を募集している。

CynackがAR専用ブラウザをローンチ 共創パートナー企業を募集中

AR専用ブラウザ「Sphere」は、カメラにかざしたマーカーなどに情報を紐づけて表示できるARアプリ。スマートフォンのカメラなどを登録したマーカーなどにかざすことで、そのものの詳細情報だけでなく音楽や動画・演出としての3Dアニメーションなどを表示させることができる。かざすと立体的に付加情報を閲覧できるというとてもシンプルな仕組みのため、企業のマーケティングをはじめとしたコンテンツだけでなく、大型商材を扱う企業の営業資料の3Dデモンストレーションなどの社内ツールなどにも使用可能。
今後同社では、ポスターやパンフレット、名刺といった2次元のマーカー画像だけでなく、立体的なモノや場所であっても、かざしたら情報が出てくる機能や、カメラ内に移った複数のターゲットに紐づけられた情報を同時に表示できる機能などを追加する予定。
なお、パートナーシップに関する質問やARコンテンツ制作に関する質問などを広く受け付けている。問い合わせページはこちら

-AR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.