その他 レポート

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった

投稿日:

フィンランド・ヘルシンキにて世界最大級のスタートアップ・フェスティバル「Slush 17」に参加した後も、せっかくわざわざフィンランドまで来たのだからと、Techやゲーム、コンテンツに関するネタを現地で探し歩く日々を10日ほど送りました。首都ヘルシンキに滞在するのは今回の渡航で3回目なので、もうそろそろ土地勘も出てきた頃ではありますが、それでも訪問する度に新たな発見があり、フィンランドという国のTechおよびコンテンツ方面における底知れなさを実感します。

で、今回もやたらとゲーマー的にディープなスポットを発見してしまいました。それはヘルシンキ郊外のマルミ空港の近所にある、80年代後半以降の日本のアーケードゲームに特化したゲーセン、その名もズバリ「SUGOI」です!

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった
ゲーセンの店舗というよりは……どう見ても空港近くの倉庫です。本当にありがとうございました。

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった件

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった
店舗の周りには壊れた車やガラクタが放置されており、葉が落ちた木々と周囲に広がる荒涼とした畑も相まっていい感じに”場末感”が出ています。この見るからにヤバい雰囲気がたまりません。

ところが一歩中に入るともっとヤバい光景が広がっていました。

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった
もう店舗までの階段を登っている段階でピコピコガチャガチャしたアーケードゲーム特有の”あの音”が聞こえてきて…

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった
SU・GO・I!!
本当にすごいです!フィンランドじゃないみたい!

この「SUGOI」は2015年秋にオープンしたゲーセンで、150平方メートルのフロアに所狭しと80年代後半~現在までの日本のアーケードゲームの筐体が並べられています。ジャンルはレース、音ゲー、シューティング、パズル、格ゲーと様々で、全ての筐体がフリープレイモードとなっており、来店者は平日9ユーロ(約1200円)、週末11ユーロ(約1500円)の入店料を支払って好きな筐体で遊べます。入店料1200~1500円って高っ!と思われるかもしれませんが、ゲーセンではなく「日本のアーケードゲームの博物館」に入ると思えば妥当な金額です。なぜなら一回入店料を支払えば、あとは何種類遊んでも何時間居続けてもOKだからです。時間無制限なら、一回100円と計算して15回以上遊べば元が取れます。そう考えたら良心的なお店じゃないですか?

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった件
入店する前は「こんな街の中心部から離れた郊外にあるマニアックな店に客なんて来るんだろうか?」と思っていましたが、開店30分後に入店した時には既に先客が一人いてグルーヴコースターを鬼のようにプレイしていました。その後も続々とお客さんが入店してきて、なんだかんだ私を含めて10数人が同時に遊んでいる状態に。フィンランドのアーケードゲーマーはアツいです。

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった件

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった
面白かったのは、筐体は全て日本のものなので画面内のテキストやボイスは全て日本語なのに、お店の人の説明も一切なくお客さんみんなが普通にプレイしていたこと。もう日本語云々関係なく完璧にプレイ方法を熟知しているガチなゲーマーばかりが来るお店なのかな?…と思いきや…

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった
その後、小学校高学年くらいの子供を連れた親子客が入店(入店可能年齢は12歳から)。そういうファミリー層も来るお店?っていうかどう考えても子供にゲーマーの英才教育を施そうとしてるだろ親父!フィンランド人父子が「太鼓の達人」で「アンパンマンのマーチ」や「ドラえもんのうた」で対戦している光景は微笑ましくも不思議ではありました。

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった
どんな筐体が揃っているかはサイト内から確認することができますが、マニアックな品揃えでゲーセンというよりは博物館のようです。日本で簡単にプレイできなくなってしまったアーケードゲームをフィンランドでプレイするという体験自体が贅沢で、居続けているうち「あれ?ここって日本だっけ?フィンランドだっけ?」という気分になってきます。まさかヘルシンキでパロディウスをプレイできるとは思いませんでした。

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった

【レポート】ここは本当にフィンランド?ヘルシンキ郊外にある日本のアーケードゲームに特化したゲーセン「SUGOI」が本当にすごかった

「SUGOI」の開店時間は木~金曜日が16:30~21:00まで、土~日曜日が14:00~20:00までで、月~水曜日はお休みです。また独立記念日やクリスマス時期~正月は臨時休業や営業時間短縮等があります。加えてプライベートイベントなどでの貸し切りにも対応しているそうなので、来店の際は事前に公式サイトFacebookページでスケジュールを確認しておきましょう。お店までの行き方は、今回私はヘルシンキ中央駅から最寄駅のマルミ駅まで電車で移動してそこから歩いたのですが、最寄り駅とはいえ結構距離があり徒歩20分程度といったところでした。なのでもし行く場合は、泊っているホテルからお店に近いところまで電車、トラム、バスを乗り継いだ方がいいでしょう。一人で行って現地のゲーマーと対戦したり交流するのも楽しいですが、グループで遊びに行っても楽しめそうなお店だったので、アーケードゲーマーの皆さんはフィンランド渡航の際は是非この「SUGOI」に行ってみて下さい。

住所:
Ormuspellontie 12
00700 HELSINKI

営業時間:
木~金曜日 16:30~21:00
土~日曜日 14:00~20:00

入店料:
木~金曜日 9ユーロ
土~日曜日 11ユーロ

2017年フィンランド渡航に関する記事はこちらから

-その他, レポート
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.