アプリ ニュース 仮想アイテム

クオン、東宝へ第三者割当増資を実施 スタンプ・キャラクター事業を加速

投稿日:

クオン、東宝へ第三者割当増資を実施 スタンプ・キャラクター事業を加速

株式会社クオンが、東宝株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施した。

クオンは2011年にスマートフォン向けメッセージアプリ事業に参入し、メッセージ内で頻繁に使われるスタンプ(ステッカー)をキャラクターとユーザーの新しい接点だと捉え、2012年から積極的に国内外の主要メッセージアプリ(LINE、Facebook、WeChat、KakaoTalkなど)へ自社開発したキャラクターのスタンプを提供している。全世界でのスタンプダウンロード数は累計19億件(2017年6月末時点。有料/無料スタンプ合計)に達し、ダウンロード数のうち、有料スタンプでは50%超、無料スタンプでは99%超が日本以外の国のユーザー比率となっている。2016年からは、スタンプで人気の出たキャラクターのライセンスビジネス展開(グッズ化、映像化、企業キャンペーン利用等)を国内外で本格的に開始し、20社を超えるライセンスパートナーを獲得。また、マーケティング拠点として2017年7月に中国法人を設立し、既に設立済みのタイ法人と合わせて、今後もアジアでのライセンス展開を加速していくという。同社ではスタンプだけではなく、動画メディアやVR/ARメディア向けにキャラクターを活用したアニメなどの新しいコンテンツを制作中で、東宝とは、新規キャラクターの共同開発・所有や、双方の持つマーケティング資産、手法を活用した共同事業を行なっていくために、今回の第三者割当増資に合わせて、業務提携契約を締結しているとのこと。

-アプリ, ニュース, 仮想アイテム
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.