アプリ ニュース

自撮りアプリ「S-chop」、画像の人気度に応じた高額報酬制度を導入

投稿日:

インターネットメディア事業を展開するスコップ株式会社が、自撮り画像を現金化でき気軽にお小遣い稼ぎができるスマートフォン向けアプリ「S-chop(スコップ)」(iOS/Android)にて、画像の人気度に応じた高額報酬制度を導入した。

自撮りアプリ「S-chop」、画像の人気度に応じた高額報酬制度を導入

「S-chop」は、スマートフォンのカメラで商品と一緒に自撮りし投稿することでお金が貯まる日本初のサービス。”ミッション”と言われる、一緒に自撮りして欲しい商品やシチュエーションがアプリ内にリストアップされ、ユーザーは”ミッション”で指示された条件どおりの自撮り画像を同アプリや各種SNSに投稿することで報酬を得ることができる。”ミッション”の内容はスポンサー企業やリサーチ会社の依頼により設定され、それぞれの”ミッション”ごとに10円~200円の報酬が設定されており、2,000円以上の報酬が貯まると現金で出金することが可能となる。アプリを使用した自撮り画像の投稿に対し直接現金が支払われる仕組みは日本初のビジネスモデルで、ユーザーにとっては副収入が得られるアプリとなる一方、スポンサー企業は、著名人を起用しない一般人のユーザーによる拡散であることから、低価格で炎上リスクの低いバイラルマーケティングを実施することができる。

自撮りアプリ「S-chop」、画像の人気度に応じた高額報酬制度を導入

同サービスでは他ユーザーが投稿した自撮り画像に対し、「❤(ハート)」を投票することができるが、同社ではサービスの活性化とユーザーメリットの拡大を目的とし、「❤」を多く集めているユーザーのみが参加できる高額報酬ミッションを導入。投稿報酬の平均が84円であるのに対し、高額報酬ミッションでは最高2,000円となり、より効率よく報酬を獲得することができる。
なお、アップロードされた画像は全てスタッフの目視によりチェックしており、ミッション条件をクリアしていない画像は報酬対象外とし、また公序良俗に反する投稿があった場合には削除対応を行っている。今後同社では2017年度内にアプリダウンロード数7万、スポンサー企業120社、単月600万円の売上を見込んでいるとのこと。

自撮りアプリ「S-chop」、画像の人気度に応じた高額報酬制度を導入

-アプリ, ニュース
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.