VR ニュース

医療VRを手がけるジョリーグッド、シリーズBラウンドにて6.5億円を調達

投稿日:

医療・介護福祉分野を中心にVR人材育成サービスを展開する株式会社ジョリーグッドが 、資金調達ラウンドのシリーズBで、SBIインベストメント株式会社、新生企業投資株式会社関連のファンド、株式会社MBSイノベーションドライブ、アクシル・ライフサイエンス&ヘルスケアファンド1号 投資事業有限責任組合より追加出資を受け、総額6.5億円の資金調達を行った。今回の調達により、ジョリーグッドの累計調達額は約11.5億円となった。

医療VRを手がけるジョリーグッド、シリーズBラウンドにて6.5億円を調達

ジョリーグッドは、テレビ業界のプロフェッショナル向けVRソリューション「GuruVR Media Pro」をはじめとする高精度VRテクノロジーと行動解析AIにより、医療研修VR(https://guruvr.jp/medical/)、介護研修VR「ケアブル」(https://carevr.jp)、発達障害向けソーシャルスキルトレーニングVR「emou」(https://emou.jp/)などのトレーニングVRサービスを展開している。
今回の調達により、これらのサービスをさらに多くの地域や施設、個人へ届けるため、品質の向上と組織体制の拡充を行なっていくとしている。

■シリーズBラウンドの引受先
・SBIインベストメント株式会社(SBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合)
・新生ベンチャーパートナーズ有限責任事業組合(新生ベンチャーパートナーズ1号投資事業有限責任組合)
・アクシル・キャピタル・パートナーズ有限責任事業組合(アクシル・ライフサイエンス&ヘルスケアファンド1号 投資事業有限責任組合)
・株式会社MBSイノベーションドライブ

-VR, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.