やってみた コラム

【やってみた】わーい!たーのしー!ようこそファック・ユー・プラネットへ --- 「Tormentor X Punisher」

投稿日:

これまで当サイトでは、主にモバイルゲーム/アプリを中心にプレイレビューを掲載してきましたが、PC向けタイトルも一応チェックしているしプレイもしています。その中で、最近「これは何が何でも紹介せねばなるまい」という使命感に駆られたタイトルがあったのでご紹介します。それがこの「Tormentor X Punisher」です。

【やってみた】わーい!たーのしー!ようこそファック・ユー・プラネットへ --- 「Tormentor X Punisher」

フィンランド・ヘルシンキに、映画音楽からドラマ、アーティストのアルバム、ゲームミュージックなどありとあらゆる種類のレコーディングを一手に手掛ける「e-Studio」という音楽スタジオがあります。これだけ手広く様々な仕事をしているので当然同国内では有名なスタジオですが、なぜか突然インディーゲームに参入することを発表。まあもともとゲームミュージックの仕事もしていたから、音楽だけでなくゲームそのものを作りたくなったのかもしれません。で、普通音楽スタジオがゲームを作ると聞いたら、「サウンドにムチャクチャこだわったクールな音ゲーかな?」とか想像するじゃないですか。ところが発表されたローンチトレーラー動画はこんなのだったのです。

バカかな?(褒め言葉)

確かにサウンドにはムチャクチャこだわってます。インダストリアル&ヘヴィメタルのBGMがすんげえカッコ良いです。メタラーなら思わずメロイックサインを掲げたくなるでしょう。にしても何回「Fuck you!」っつってんだ。

【やってみた】わーい!たーのしー!ようこそファック・ユー・プラネットへ --- 「Tormentor X Punisher」
この「Tormentor X Punisher」は、「ファック・ユー星」を舞台に暴虐の限りを尽くす戦闘狂の女戦士がマシンガン&ショットガンを乱射してデーモン達を狩って狩って狩りまくるトップダウン(見下ろし視点)のツインスティックシューターゲームです。もう「ファック・ユー星」という設定自体が知能指数ダダ下がりな感じですが、実際プレイするともっと知能指数が下がります。いや下がるというより溶け出してなくなる。プレイヤーがやることはただ一つ「殺しまくる」のみ!操作方法は、キーボードのW/A/S/Dキーで女戦士を移動させてマウスで照準を合わせ、左クリックでマシンガンを、右クリックでショットガンを連射するというもの。リロードは自動で行われるので殺戮のみに集中できます。ステージクリア型ではなく、ただひたすらデーモンをブチ殺し続けてコンボを重ね、ハイスコアを目指すという一見シンプルなルールですが、一回でも攻撃を受けたら即死でまた最初からやり直し。実にストイックです。一応実績やリーダーズボードも用意されており、ある特定条件を満たすと武器のパワーアップがアンロックされる育成要素も用意されています。何度も繰り返しプレイすることで、パワーアップの条件と敵の攻撃パターンを覚えるのがハイスコアを狙うポイントです。配信を担当しているのはお隣スウェーデンのインディーパブリッシャーのRaw Fury Games

【やってみた】わーい!たーのしー!ようこそファック・ユー・プラネットへ --- 「Tormentor X Punisher」

【やってみた】わーい!たーのしー!ようこそファック・ユー・プラネットへ --- 「Tormentor X Punisher」
しかしぶっちゃけ本作の魅力は、プレイすればするほどグチャグチャになる下品&下劣な作風です。次から次へと出現するデーモンを倒すごとに画面は血と肉片と体液で埋め尽くされ、さらにそこに女戦士の口汚いセリフが被さり、その混沌とした世界観に徐々に取り憑かれ、もう一回、またもう一回とついつい何度もプレイしてしまいます。そしてプレイすればするほど知能指数が下がり、わーい!たーのしー!な”けものフレンズ状態”となります。もっとも本作には考察する要素なんて全くなく、ただひたすら知能指数が溶け出すばかりですが。何が良いって殺戮の爽快感を煽る派手で下品でバカで汚いアドレナリン全開の演出とへヴィなBGM!血と肉片と体液にまみれて死体の山を築くのがこんなにも気持ち良いものだったのかと新たな感覚が目覚めます。
なお、本作のインターフェイスは日本語にも対応済みで、Steamの説明文もちゃんと日本語で書かれています。以下抜粋。

ファック・ユー星へようこそ!

Tormentor X Punisherは、残虐なトップダウンのツインスティックシューター・ゲーム。生き残って最高スコアを目指そう。

一撃で即死、そして全滅する。例外は誰にも当てはまらない。殺傷、破壊、そして悪党どもを叩きのめし、コンボを決めよう。アップグレードで独自の殺法を身につけ、残虐なボスの猛攻をかわせ。

マシンガンをぶっ放し、ショットガンを撃ってリロード。つまりはそういうことだ。

分かったか?よし。やっちまえ!

さすが教育大国フィンランド&スウェーデン、バカな紹介文も自然な翻訳ですね。
ダウンロード価格は798円。ゲーム概要とプレイ方法を分かりやすく説明したテーマソング「Welcome To Planet Fuck You」の最高過ぎるPVも公開されているので是非ご覧下さい。

本業が音楽スタジオだからこういう手の込んだネタも全て自前でできるというわけです。最高という言葉しか出てきません。「One, Two, Fuck You!」なんて声に出して読みたい英語過ぎる!今後積極的に使っていきたいと思います。

「Tormentor X Punisher」のSteam販売ページはこちら↓バカ&下品&下劣なノリ一発で突っ走ってるゲームですが、この作風にピンと来たメタラーなら是非プレイするべき!
http://store.steampowered.com/app/500670/TormentorPunisher/

カッコ良いサントラもbandcampで配信されています。全曲まとめて3.99ドル。安い!
https://tormentorxpunisherost.bandcamp.com/album/tormentor-x-punisher-official-soundtrack


Youtubeを漁ったら作曲者がBGMのレコーディング風景をUPしていました。よく見ると凄くキレイで立派なスタジオです。なんでこんなちゃんとしているところがバカゲーを作ってしまったのでしょうか?

-やってみた, コラム
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.