VR ニュース 仮想空間

ソーシャルVRアプリ「cluster.」を運営するクラスター、スタートアッププレゼンコンテスト「LaunchPad」で優勝

投稿日:

ソーシャルVRアプリ「cluster.」を運営するクラスター、スタートアッププレゼンコンテスト「LaunchPad」で優勝

VR上でイベントやライブを楽しめる「cluster.」を運営するクラスター株式会社が、本日6月7日に開催されたスタートアップイベント「Infinity Ventures Summit 2017 Spring Kobe」(IVS)のプレゼンコンテスト「LaunchPad」にて優勝した。

ソーシャルVRアプリ「cluster.」を運営するクラスター、スタートアッププレゼンコンテスト「LaunchPad」で優勝

「cluster.」は、誰もがVR空間上でルームを作って動画視聴やイベント参加、ライブ体験を共有して楽しめるVRソーシャルルームアプリ。ルームの中で、動画視聴やWebブラウジングなど1人から数人でも長く楽しめるVR体験を提供し、さらに数十人から数千人規模のイベントを開催することも可能となっている。同社では2016年2月に「cluster.」のα版を公開した後、一般ユーザーが自由にイベントを開催できる環境構築とユーザビリティー改善を行い、先月末に正式版をリリースした。
IVSは春と秋に年2回開催されている日本最大級のスタートアップイベントで、現在神戸にて開催されている。今回の「LaunchPad」では14社のスタートアップがそのプロダクトを披露した。「cluster.」以外の入賞者は以下の通り。

2位:株式会社 BIT 木下靖堂氏
自動ネイルプリントサービス「INAIL(アイネイル)」

3位:株式会社タウンWiFi 荻田剛大氏
インターネットを無料にするアプリ「タウン WiFi」

4位:株式会社 Residence 岡村アルベルト氏
ビザ申請・管理の法人向けサービス「one visa(ワンビザ)」

5位:株式会社ハイパーエイト 五十君圭治氏
キャバクラ版Uber「LION PROJECT(ライオンプロジェクト)」

-VR, ニュース, 仮想空間
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.