VR ニュース

ダズルがVR事業において総額2億円の第三者割当増資を実施 VRプロダクト分析サービス「アクセシブル」のクローズドβ提供を開始

投稿日:

ダズルがVR事業において総額2億円の第三者割当増資を実施 VRプロダクト分析サービス「アクセシブル」のクローズドβ提供を開始

株式会社ダズルが、株式会社夢真ホールディングスと株式会社夢テクノロジーを引受先とする総額2億円の第三者割当増資を実施した。また、VRプロダクト分析サービスである「AccessiVR」(アクセシブル)のクローズドβ版の提供も開始した。

ダズルは2016年4月にVR市場への本格参入を発表し、5月に夢真HDおよび夢テクノロジーより1.5億円の第三者割当増資による資金調達を行い、「AccessiVR」の開発及び、HTCvive向け「ワンマンバーガー」やGearVR向け「Ninja and Princess」など全5タイトルのVRコンテンツをリリースした。 今回は夢真HDおよび夢テクノロジーからさらに総額2億円の第三者割当増資を実施。同社では今回得た資金により「AccessiVR」のシステム投資や人材採用など開発体制の強化と、2017年夏に予定する正式版ローンチに向けてのプロモーションを行っていくという。
「AccessiVR」はVRプロダクトの分析と運営サポートサービスを提供するデベロッパー企業向けのミドルウェアで、正式版のローンチは2017年夏頃の予定。プロダクトコンセプトは「VRコンテンツデベロッパーのプロジェクト責任者が、プロダクトを改善し目標を達成することをサポートするためのツール」で、運用計画・実行、データ分析、改善をシームレスにサポートする。VR特有のデータとして「視点データ」や「インプットデバイス利用データ」などを取得でき、データビジュアライゼーションによって可視化し、理解しやすい形で提供する。対応VRプラットフォームは、Oculus Rift、Gear VR、HTC Viveで、スマートフォン向けVRコンテンツにも対応。ゲームエンジンはクローズドβ版はUnity5に対応し、正式版ではUnreal Engine4へも対応する。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.