ニュース 仮想空間

(続報)セカンドライフの「環境SIM値上げ」に対する抗議活動が展開中

更新日:

(続報)セカンドライフの「環境SIM値上げ」に伴い各所で抗議活動が展開

先日リンデンラボより発表されたセカンドライフの「環境SIM値上げ」の予告に対する抗議活動が早くもセカンドライフ内外で起こっている。

同社の公式ブログに発表がUPされた直後、まずインワールドでは「Save our openSpace」(SOS)というグループが結成され、おそろいの抗議の旗やプラカードを掲げ同社のSIM内でデモを展開。現在も社屋の玄関で座り込み(?)活動を行っている。中にはホームレスの格好をして「自分の土地が維持できなくなりホームレスになるしかない」とアピールしている人もいる。

(続報)セカンドライフの「環境SIM値上げ」に伴い各所で抗議活動が展開

(続報)セカンドライフの「環境SIM値上げ」に伴い各所で抗議活動が展開

(続報)セカンドライフの「環境SIM値上げ」に伴い各所で抗議活動が展開

(続報)セカンドライフの「環境SIM値上げ」に伴い各所で抗議活動が展開

現場はこちら:
http://slurl.com/secondlife/Linden%20Estate%20Services/128/128/38

さらに画像共有サイト「Flickr」でも「Openspace/Void Sims」というグループが結成された。このグループの趣旨は、美しい環境SIMの風景や抗議活動の模様を撮影して投稿し、リンデンラボのスタッフに対し「環境SIMを値上げしたらこれらのSIMが無くなってしまうかもしれない」というメッセージを示すというもの。現在も続々と新しいスナップショットが投稿されており、以下のスライドショーでまとめて見ることができる。

仮想世界は何でも試せるシミュレーションの場である。ということは民主主義のシミュレーションも行えるということ。セカンドライフには以前にも「税金」に反対するユーザーの抗議活動により方針が改められたという革命の歴史がある。今回の抗議活動は「第二の革命」となるだろうか。

-ニュース, 仮想空間
-

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.