VR イベント ニュース

タカラッシュとジーン、ウェアラブル端末を使用したVR×リアル宝探しプロジェクトを始動

投稿日:

タカラッシュとジーン、ウェアラブル端末を使用したVR×リアル宝探しプロジェクトを始動

体験型イベントのリアル宝探しを展開する株式会社タカラッシュが、株式会社ジーンと共同企画で株式会社テレパシージャパンが開発したアイウェア型ウェアラブルデバイス「Telepathy Walker」を使った新たなリアル宝探しプログラムを、謎とき体験施設「なぞとも Cafe 新宿店」にて6月30日(木)よりスタートする。

このプログラムは、アイウェア型ウェアラブルデバイスを駆使することで、「捜索中に手に入れたアイテムでどこかの壁が光りだしたり」「捜索中にエージェントから追加指令が飛んできたり」など、映画やロールプレイングゲームの世界で見てきた体験を再現することができる。プロジェクト第一弾では、実証実験として「なぞとも Cafe 新宿店」にて展開中のプログラム「タカラッシュ!調査団と魔女の館の不思議な絵画」をリニューアルし、新しい映像と謎解きが楽しめる新感覚のプログラムを展開するという。参加費は一人1080円で6月30日(木)より半年間展開する予定。両社では今後、テーマパーク向けの新しいアトラクション・地域活性化としての設置など、様々な展開を検討していくという。

タカラッシュとジーン、ウェアラブル端末を使用したVR×リアル宝探しプロジェクトを始動

≪概要≫
タイトル :タカラッシュ!調査団と魔女の館の魔法石
開催期間 :2016年6月30日(木)~半年間予定
開催場所 :なぞともCafe新宿店
参加費  :1,080円/一人(4人定員)
実施概要 :
現在、なぞとも Cafe 新宿店で開催中の自社コンテンツ「タカラッシュ!調査団と魔女の館の不思議な絵画」をリニューアルし、 ウェアラブル端末を駆使した新感覚のプログラムを展開します。本プログラムは室内に置かれた謎の物体をウェアラブル端末によって解析し、その情報を駆使して謎を解いていきます。 解析情報はプレーヤーが物体をメガネに近づけると自動的に取得され、手に取った本人だけが確認することができるため、まるで近未来のSFのような体験を楽しむことができます。

-VR, イベント, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.