VR ニュース

VR制作ソフトウェアを開発するディヴァース、総額103.9万ドルを調達

投稿日:

VR制作ソフトウェアを開発するディヴァース、総額103.9万ドルを調達

VRソフトウェアを開発するDVERSE Inc.が、500 Startups Japan、Colopl VR Fund(コロプラネクスト2号ファンド投資事業組合、株式会社コロプラネクストが運用)、KLab Venture Partners株式会社(KVPシード・イノベーションファンド1号投資事業有限責任組合)、株式会社アドウェイズ株式会社ウィルグループのコーポレートベンチャーキャピタルであるウィルグループインキュベートファンド、スローガン株式会社、DeNA共同創業者で個人投資家の川田尚吾氏らから、Convertible Note(日本における転換社債型新株予約権付社債に相当)による総額103.9万ドル(約1.1億円)の資金調達を行った。

DVERSEはVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を使用するVR制作ソフトウェア「SYMMETRY(シンメトリー)」を開発している企業。「SYMMETRY」は「簡単」、「リアルタイム」、「高品質」を特徴とするVRコンテンツ制作ソフトウェアで、3DCADデータ/3Dモデルファイルを入力し、VR空間内において直観的な操作でシーンの編集と即時の確認を行い、様々な端末向けのVRコンテンツの出力が可能となっている。同社ではまず建築/土木分野向けの製品提供を目指しているとのことで、今回の資金調達により、開発体制を強化し、誰もが簡単にVRコンテンツを制作し楽しむためのソフトウェア構築を早急に進めていくとしている。

-VR, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.