バンダイナムコエンターテインメントがアミューズメント機器のサービス事業を分社化 「株式会社バンダイナムコテクニカ」を設立

   2017/01/13

バンダイナムコエンターテインメントがアミューズメント機器のサービス事業を分社化 「株式会社バンダイナムコテクニカを設立」を設立

株式会社バンダイナムコエンターテインメントが、アミューズメント機器のアフターサービス機能を分社し、2017年4月3日付で「株式会社バンダイナムコテクニカ」を設立すると発表した。

同社のアミューズメント機器関連のアフターサービス事業は、これまで自社製品の修理や補修用部品の販売を中心に展開してきたが、今後はそれらの事業に加え、長年にわたって業界で培った技術、知識等を活かして海外メーカーを含めた他社商品や中古機器の仕入れ・販売・アフターサービス、アミューズメント施設向け新規サービスの企画・販売などといった新領域への事業拡張を目指すという。そのため「株式会社バンダイナムコテクニカ」を設立し、現在のアミューズメント機器サービス機能を同社へ承継するとのこと。新会社の概要は以下のとおり。

<商号>
株式会社バンダイナムコテクニカ

<設立日>
2017年4月3日

<資本金>
1,000万円

<本社所在地>
神奈川県横浜市神奈川区三枚町22番1

<取締役候補>
取締役会長   大下 聡(非常勤)
代表取締役社長 長谷川 琢也
取締役     村上 員隆

<監査役候補>
監査役     榎本 幸司(非常勤)

<株主構成>
株式会社バンダイナムコエンターテインメント 100%

<主要事業>
アミューズメント機器関連のアフターサービス事業
中古アミューズメント機器及び他社商品の仕入れ及び販売に関する業務等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket