VR ニュース 仮想空間

3D仮想空間「Second Life」の生みの親、VR仮想空間「High Fidelity」のβ版を公開

投稿日:

3D仮想空間「Second Life」の生みの親、VR仮想空間「High Fidelity」のβ版を公開

3D仮想空間「Second Life」を運営する米Linden Labの創業者として知られているシリアル・アントレプレナーのPhilip Rosedale氏による新会社「High Fidelity」が、現在同社が開発中のVR仮想空間「High Fidelity」のオープンβ版を公開した。ダウンロードページはこちら

Philip Rosedale氏は高校生時代に低ビットレート会議システム「FreeVue」を開発して起業し、その後同社を動画配信ソフトを提供するRealNetworksに売却する形で移籍しVice PresidentとCTOを務め、さらにその後ベンチャーキャピタルのAccel Partnersに参加。1999年に3D仮想空間「Second Life」を開発・運営するLinden Labを設立し2008年に辞任するまでCEOを務め、Linden Labを去った後も複数の会社を設立しているシリアル・アントレプレナー。「High Fidelity」は2013年に新たな3D仮想空間を開発するため同氏によって設立されたスタートアップで、既にGoogle Venturesら複数のベンチャーキャピタルより資金調達を行なっている。
現在開発中の仮想空間「High Fidelity」はOculuc RiftやHTC Vive、 Leap Motionに対応しており、リアルタイムに他のユーザーと交流できるプラットフォームで、今回公開されたオープンβ版ではオブジェクトを配置してユーザー自身が空間作りを行えるようになっている。
なお、3D仮想空間「Second Life」を運営するLinden Labも独自にユーザーがもの作りできるVR仮想空間「Project Sansar」を開発しており、現在クリエイター・ユーザーの募集を行なっている(過去記事はこちら)。

-VR, ニュース, 仮想空間
-

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.