VR ニュース 仮想空間

3D仮想空間「Second Life」運営のLinden Lab、VR対応仮想空間「Project Sansar」にてもの作りを行うクリエイター・ユーザーを募集

投稿日:

3D仮想空間「Second Life」運営のLinden Lab、VR対応仮想空間「Project Sansar」にてもの作りを行うクリエイター・ユーザーを募集

3D仮想空間「Second Life」などの各種サービスを運営するLinden Labが、VRに対応する新たな仮想空間「Project Sansar」にて、もの作りが行えるクリエイター・ユーザーを募集している。

Linden Labでは、2014年6月よりSecond Lifeのアップグレード版ではなく、VRにも対応した新しい仮想空間サービスの開発を進めていることを明らかにしていた(過去記事はこちら)。「Project Sansar」の”Sansar”とはサンスクリット語で「世界」を意味する言葉で、あくまでもプロジェクト名であり正式サービス名ではないとのことだが、既にこの名称のままティザーサイトも公開されている。今回のクリエイター・ユーザーの募集は現在米カリフォルニア・サンノゼで開催されているVR系のカンファレンス&展示イベント「SVVR」に合わせたもので、申し込みが受理されたユーザーは今夏にクリエイター向けのプレビュー版にアクセスできる。同社では「Project Sansar」を”ユーザーによって作られるソーシャルなVR体験のプラットフォーム”としており、Second Lifeと同様に建築物やアイテム、プログラムなどをユーザー自身で作ることができるサービスになるとのこと。正式サービスは今年末の予定。

-VR, ニュース, 仮想空間
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.