アプリ ゲーム ニュース

決済、タクシー、フードデリバリー…etc LINE、「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」にて今後の事業展開を発表

投稿日:

LINE株式会社が、本日10月9日に舞浜アンフィシアターにて同社が提供するメッセージングアプリ「LINE」の事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」を開催し、新サービスやパートナーシップ戦略及び今後の事業構想について発表を行った。各サービスの内容・詳細は以下のとおり。

■LINE Pay
決済、タクシー、フードデリバリー…etc LINE、「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」にて今後の事業展開を発表
公開予定:2014年冬頃 対象国:日本/グローバル(クレジットカード連携のみ)
「LINE Pay」は、オンライン(PC/スマートフォン)・オフライン問わずLINE及びLINE関連サービス、提携している店舗、Webサービス・アプリ内における支払いをLINE上から行える決済システム。支払いの決済はクレジットカードとの連携のほか、コンビニエンスストア及び提携銀行(みずほ銀行および三井住友銀行)の口座を通じて事前にチャージ(入金)することにより利用可能となる。LINEならではの特徴として、LINE上の友人間で決済した商品・サービスの購入費用を複数人で按分したり(「割り勘」機能)、相手の銀行口座を知らなくても友人のLINE Pay口座宛に送金したりすることが可能(「送金」機能)。また、送金されたお金は銀行口座から引き出すこともできる(「出金」機能)。
なお、セキュリティシステムとして、1)LINEとは別の2次認証パスワード 2)Apple Touch IDAppleタッチIDによる指紋認証でのパスワード照会(iPhoneのみ) 3)PCサイト利用時のスマートフォン認証を採用予定だという。公開は今冬の予定で、まずはLINE及び提携Webサービス・アプリでの決済利用を開始し、その後順次オフライン店舗などでの利用にも対応していく。(*チャージ機能は日本のみ。日本以外の国はリリース時点ではクレジットカード連携のみの対応となる)

■LINE TAXI
決済、タクシー、フードデリバリー…etc LINE、「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」にて今後の事業展開を発表

公開予定:2014年冬頃 東京限定版より順次公開 対象国:日本
「LINE TAXI」は、日本交通株式会社との提携により、LINE内及び「LINE TAXI」専用公式アカウントからタクシーを呼ぶことができるサービス。GPS及び建物情報の入力により指定した場所に配車し、支払いは「LINE Pay」で済ませることが可能。今冬に予定している東京限定版の先行リリース時には日本交通が保有する約3,300台の車両が対象となり、その後予定している全国展開時には、日本交通が「全国タクシー配車」アプリを通じて提携するタクシー事業者123グループが保有する合計約22,000台が順次対象となる予定。今後は、世界中のタクシー会社と連携することでビジネスモデルを世界中へ広げていく。

■LINE WOW
公開予定:2014年秋ソフトローンチ(渋谷区内) 対象国:日本
「LINE WOW」は、韓国最大のフードデリバリーアプリ「Baedal Minjok」を展開するWoowa Brothers Corp.との共同出資により設立した新会社LINE Bros.株式会社によるLINE初のオンデマンドECサービス。第1弾は「おざき(和食・麻布十番)」や「ア・ニュ(フレンチ・広尾)」など世界的に高い評価を得ている名店が、限定プレミアムランチを提供するフードデリバリーサービスを展開する。まずは配達エリアを東京都渋谷区内に限定したソフトローンチとして展開し、今後は対象のメニュー・店舗・エリア・配達時間などを順次拡大していくほか、将来的にはフードデリバリーで構築された配達網をインフラとし、フード領域に留まらず様々な分野のデリバリーを行っていくことを目指す。

■LINE@ ID/LINE@アプリ
決済、タクシー、フードデリバリー…etc LINE、「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」にて今後の事業展開を発表
公開予定:2014年内 対象国:日本より順次グローバル展開を予定
「LINE@ ID」は、全LINEユーザーが持つことのできるもう1つのLINEアカウント。家族や親しい友人・同僚とのプライベートなコミュニケーションでの利用を前提としている従来のLINEアカウントとは別に、様々なユーザーや顧客と広くコミュニケーションを取ることができるアカウントという位置づけで、アカウントは法人・個人を問わず誰でも取得することができ、複数のアカウントを所有することも可能。ユーザーは専用のLINE@アプリ(iPhone・Android対応予定)よりLINE@ アカウントを取得後、当該アプリを通じてフォロワーへの一括送信、1:1のトーク、ホーム/タイムラインへの情報発信などを行なえるようになる。現在同名のサービスとして展開しているビジネスアカウント「LINE@」では、飲食・アパレル・美容・宿泊施設などの実店舗を持つ法人およびメディアや行政のみが利用対象だが、今回のリニューアルを通じ、実店舗を持たない法人や個人も様々なシーンでの利用が可能となる。サービス公開は年内を予定している。

■LINE Maps for Indoor
決済、タクシー、フードデリバリー…etc LINE、「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」にて今後の事業展開を発表
公開予定:2014年秋頃(Android限定) 対象国:日本
「LINE Maps for Indoor」は、百貨店やショッピングセンターなどの商業施設内のナビゲーションに特化した地図アプリ。施設内で行きたいショップやレストランを指定すると現在地から目的地までの最適なルートを地図で案内する。アプリには営業時間や電話番号などの店舗情報も掲載され、施設内の店舗を調べたり探したりする際にも利用できる。サービス公開はAndroid限定で2014年秋頃を予定しており、リリース時点には渋谷ヒカリエや東京ミッドタウンなど東京近郊の約40施設の屋内地図が利用可能になる。対応言語は日本語・英語・簡体字・繁体字・韓国語の5言語で、海外から日本に来るインバウンド観光者などへのニーズにも広く対応する。

■LINE ビジネスコネクト パートナープログラム
「LINE ビジネスコネクト」は、LINEのメッセージ送受信機能を企業向けにAPI経由で提供し、各企業が自社のCRM基盤としてLINEを活用することが可能になるサービス。ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや自社システムとユーザーのLINEアカウントを連携させることで、個別のユーザーごとに最適化されたメッセージを配信する。
「LINE ビジネスコネクト パートナープログラム」は、「LINE ビジネスコネクト」に対応したソリューションを提供する企業を公式パートナーとして、利用企業の開発負担の軽減や実施のスピード化を図り「LINE ビジネスコネクト」導入を促進する取り組み。第1弾として9社を認定し、LINEからも積極的に開発・営業の支援を行っていく。「LINE ビジネスコネクト」及び「LINE ビジネスコネクト パートナープログラム」の問い合わせはこちら

エンターテインメントプラットフォーム領域
1)提供タイトルのラインナップ拡充
決済、タクシー、フードデリバリー…etc LINE、「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」にて今後の事業展開を発表
LINEのゲームプラットフォーム「LINE GAME」では、これまで「LINE:ディズニー ツムツム」「LINE レンジャー」などカジュアルゲームを中心に提供してきたが、今後はミドルコア~コアゲームも含めたより多様性のあるタイトルを提供していくとのことで、2014年秋以降、以下のタイトルを順次公開していく。(五十音順)

・LINE アルビオン戦記(シュミレーションRPG)
・LINE 英雄の軍団(シュミレーションRPG)
・LINE トリオ(パズルゲーム)
・LINE POP2(パズルゲーム)

2) グリー株式会社及び株式会社サイバーエージェントとの新会社設立

グローバルで通用するコンテンツ開発のため、グリー株式会社及び株式会社サイバーエージェントとそれぞれ共同出資による新会社設立に基本合意した。各会社概要は以下のとおり。

社名:協議中
設立:2014年11月4日(予定)
資本金:1億円(準備金 1億円)
代表取締役社長:日高 裕介(株式会社サイバーエージェント 取締役副社長)
役員構成:舛田 淳(LINE株式会社 上級執行役員 CSMO)
主な事業内容:LINEプラットフォーム向けゲームの企画開発

社名:Epic Voyage株式会社
設立:2014年10月31日(予定)
資本金:1千万円
代表取締役社長:荒木 英士(グリー株式会社 取締役 執行役員)
役員構成:舛田 淳(LINE株式会社 上級執行役員 CSMO)
福田 智史(グリー株式会社 Japan Game事業本部)
主な事業内容:LINEプラットフォーム向けゲームの企画開発

3)ゲームファンドを通じた株式会社トランスリミットへの出資
決済、タクシー、フードデリバリー…etc LINE、「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」にて今後の事業展開を発表

日本国内のゲームコンテンツ開発会社及びゲームコンテンツへの投資を目的として設立したLINE Game Global Gateway投資事業有限責任組合を通じ、株式会社トランスリミットへの出資実行について合意した。アメリカやアジア圏等を中心に、世界150カ国以上のユーザーに利用されている対戦型知的ゲーム「BrainWars」など、グローバルでの実績を持つトランスリミットの開発力と、LINEがグローバルで保有する豊富なユーザー基盤を活かした新たなゲームコンテンツの開発に着手していく。

■LINE MUSIC
決済、タクシー、フードデリバリー…etc LINE、「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」にて今後の事業展開を発表
公開予定:2014年内 対象国:日本
「LINE MUSIC」は、エイベックス・デジタル株式会社、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、及びLINE株式会社が基本合意書を締結した三社共同出資による新会社LINE MUSIC株式会社(仮称)にて展開予定のサブスクリプション型音楽ストリーミングサービス。年内のリリースを目指し、「LINE MUSIC」の立ち上げに向けて三社を中心に具体的な協議を進めていく。新会社の概要は以下のとおり。

商号:LINE MUSIC株式会社(仮称)
本店所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目21番1号渋谷ヒカリエ27階
代表者:舛田 淳 (LINE株式会社上級執行役員CSMO)
主な事業内容:音楽配信サービス等
資本金:4億8,000万円(資本準備金4億8,000万円)
設立:2014年10月下旬(予定)

■LINE公式ブログ
公開予定:11月4日 対象国:日本

「LINE公式ブログ」は、アーティストやタレントなどの著名人が参加することのできるブログサービス。アーティストやタレントは「LINE公式ブログ」を開設することにより、一般的なブログサービスと同様に広く情報発信ができるだけでなく、LINE公式アカウント、LINE MALL、LINE PLAYなどLINEの周辺サービスと連携することで、LINEのプラットフォーム上で広くプロモーションやマーチャンダイジング(物品販売)を行う機会を得ることができる。今後参加者の枠を拡大していく予定。

■LINE有料公式アカウント
公開予定:2014年内 対象国:日本

「LINE有料公式アカウント」は、アーティストやタレントなどの著名人が当該公式アカウントの購読者を対象に限定した情報の配信を行うことのできるサービス。LINE内の幅広いユーザーを対象に情報発信をすることができる従来の公式アカウントに比べ、よりコアなファンに向けて深い情報を提供していくことでファンクラブ組織として活用することができる。課金手法として「LINE Pay」との連携を予定している。

-アプリ, ゲーム, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.