アプリ ゲーム ニュース

ジャストシステム、「パズドラ」「LINE POP」「キャンディクラッシュ」の”3大パズル系スマホゲーム”に関する調査を実施

投稿日:

株式会社ジャストシステムが、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用し「パズル&ドラゴンズ」「LINE POP」「キャンディクラッシュ(Candy Crush Saga)」の3タイトルについて「3大パズル系スマホゲームに関する調査」を実施した。

この調査は、「Fastask」のモニターのうち「パズル&ドラゴンズ」「LINE POP」「キャンディクラッシュ(Candy Crush Saga)」の全てをプレイしたことのある10~30代の男女165名に対し各種質問を行ったもの。

ジャストシステム、「パズドラ」「LINE POP」「キャンディクラッシュ」の”3大パズル系スマホゲーム”に関する調査を実施

まず、3大パズル系スマホゲームの中で“最も面白い”と思うゲームを聞いたところ、53.3%が「パズル&ドラゴンズ」、24.8%が「キャンディクラッシュ」、21.8%が「LINE POP」と回答し、過半数が「パズル&ドラゴンズ」が最も面白いと感じていることが分かった。一方、複数選択可で面白いと思う3大パズル系スマホゲームをたずねたところ、1位に選ばれたのは、10代では「キャンディクラッシュ」(58.3%)、20代では「LINE POP」(78.9%)、30代では「パズル&ドラゴンズ」「LINE POP」(ともに、84.6%)という結果になった。

3大パズル系スマホゲームの中で「デザインがよい」と思うゲームについての質問(複数回答可)では、「キャンディクラッシュ」との回答が68.5%と最も多く、次いで「パズル&ドラゴンズ」(61.2%)、「LINE POP」(57.0%)となった。
なお、3大パズル系スマホゲームに限らず現在プレイしているスマートフォン向けゲームの数についての質問では、「10個以上」との回答が24.8%と最も多く、次いで「3個」(18.8%)、5個(15.2%)という結果となり、多くタイトルを並行してプレイしているライフスタイルがうかがえた。
課金に対する質問では、30.9%が「一切課金はしていない」と答え、課金経験のあるユーザーでも1ヶ月あたりの平均課金額として最も多かった金額は「1円~500円未満」(16.4%)と少額で、次いで「500円~1,000円未満」(11.5%)という結果だったが、その一方で「5,000円以上使用する」と回答したユーザーも10.3%いた。

ジャストシステムではこれらの集計データをまとめた全18ページの調査結果レポートを「Fastask」の実例レポートページにて公開している。

-アプリ, ゲーム, ニュース
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.