ココア、3D仮想空間「meet-me」のアバターをモチーフにしたスマホ向けゲームアプリ「モーギュウギュウ」をリリース

 

ココア、3D仮想空間「meet-me」のアバターをモチーフにしたスマホ向けゲームアプリ「モーギュウギュウ」をリリース

株式会社ココアが、同社が提供する東京23区を再現した3D仮想空間「meet-me」の着ぐるみ動物アバターをモチーフにしたスマートフォン向けゲームアプリ「モーギュウギュウ」をリリースした。ダウンロードは無料(iOS/Android)。

「モーギュウギュウ」は、meet-me内にて提供されている牛の着ぐるみアバターをモチーフにしたゲームの第8弾タイトル。制限時間内に牛を並べて電車に乗せて送り出して得点を稼ぐパズルゲームで、同じ色の牛をタテヨコ3匹以上並べるとコンボが完成し高得点が狙える。
ココアではmeet-meから派生したスマートフォン向ゲームアプリの提供に注力しており、中でも「どうぶつランドシリーズ」は、アクションからパズルまで様々なタイプのカジュアルゲームを1~2分程度で楽しめるシリーズとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket