シンガポールのBitcoin ATM提供企業のTembusu Terminals、30万シンガポールドルを資金調達

 

シンガポールのBitcoin ATM提供企業のTembusu Terminals、30万シンガポールドルを資金調達

Tech系メディアe27など複数のサイトが伝えるところによれば、シンガポールで仮想通貨「Bitcoin」専門のATMを提供しているスタートアップのTembusu Terminalsがシードラウンドにて複数のエンジェル投資家から30万シンガポールドル(約23.6万ドル)の資金調達を行ったという。

Bitcoinとは2009年に誕生したオープンソースの仮想通貨で、発行・取引等全ての行程がP2Pで行われており、現在世界的にも注目され高騰が続いている。しかし最近では相場変動が激しいことや決済において責任者が存在しないことを問題視する国が増えており、中国、インド、ロシアなど一部の国では禁止する動きも出てきている。現時点でシンガポール政府はBitcoinの使用を容認しており、Tembusu Terminalsは今年の2月より同国初のBitcoin ATM製造業者として業務を開始した。現在同社のATMは飲食店の多いBoat Quayエリアに設置されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket