サイバード、スマホ向けサッカークラブ育成ゲーム「バーコードフットボーラー」を台湾でも提供開始

 

サイバード、スマホ向けサッカークラブ育成ゲーム「バーコードフットボーラー」を台湾でも提供開始

株式会社サイバードが、同社が提供するスマートフォン向けサッカークラブ育成ゲーム「バーコードフットボーラー」を香港、マカオ、韓国に続き台湾でも提供を開始した。台湾版のタイトルは「創造球會」となり、nxTomo Games Limited.にライセンスを提供し配信される。

サイバード、スマホ向けサッカークラブ育成ゲーム「バーコードフットボーラー」を台湾でも提供開始2

「バーコードフットボーラー」は、プレイヤーがサッカークラブの監督となって選手たちを育て、戦術を選択し、世界一のサッカークラブを目指す本格サッカークラブ育成ゲーム。端末のカメラで身近にある様々な商品のバーコードを読み取ると約3兆通りもの選手が生成され、バーコード毎に能力や表情の違った選手が登場する。またUnityで開発されており、家庭用ゲーム機レベルのハイクオリティなグラフィックを実現している。
同社によれば、香港・マカオ地域で配信中の同タイトルはサービス開始から5ヶ月間で50万ダウンロードを突破し、売上ランキング1位を獲得するなど好評とのこと。同社では2014年6月に開催される「2014 FIFA ワールドカップ」に向け、各国の有力企業と協業し「バーコードフットボーラー」のグローバル展開を加速するとしている。

サイバード、スマホ向けサッカークラブ育成ゲーム「バーコードフットボーラー」を台湾でも提供開始3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket