アプリ ニュース

LINE、知らない番号からの電話・SMSの発信元表示や着信拒否ができるアプリ「LINE whoscall」をリリース

投稿日:

LINE、知らない番号からの電話・SMSの発信元表示や着信拒否ができるアプリ「LINE whoscall」をリリース

LINE株式会社が、同社が運営するメッセージングアプリ「LINE」の周辺サービスとして、台湾のスマートフォンアプリ開発会社Gogolook Co., Ltdが開発する「whoscall」を「LINE whoscall(ライン フーズコール)」としてAndroid向けに提供を開始した。

「LINE whoscall」は、ダウンロード数が世界600万件を突破し台湾・香港・インドネシア・マレーシアなど8ヵ国のGoogle Playで「Google Best Apps 2013」に選定された台湾発の「whoscall」のインターフェイスをLINEユーザー向けに刷新したもの。イエローページなどで企業や店舗などが一般に公開している電話番号を中心に世界6億件以上の電話番号を集約したデータベースを活用し、知らない番号からの電話・SMSの着信時に自動で識別して画面に表示する。初めて着信した電話番号でも、電話に出る前から企業や店舗からの着信なのか、迷惑電話と思われる番号からの着信なのかが確認でき、トラブルを未然に防ぐ効果が期待できる。同アプリはスマートフォンでの電話・SMSがサービス対象となり、公開時のバージョンではLINEアカウント認証機能は搭載しておらず、LINEを利用した無料通話やトークはサービス対象外となる。なお、LINE whoscallではアプリ内にスマートフォンのアドレス帳を連携させることによって「知人からの着信」を表示させるが、日本国内での利用においてアドレス帳内のデータはLINE及びGogolookのサーバーで収集することはない。
主な機能は以下の通り。

1.世界6億件以上の電話番号データベースを活用
イエローページなどで企業や店舗などが一般に公開している電話番号を中心とした電話番号データベースに加え、インターネット上で公開されている電話番号、ユーザーが報告した迷惑電話番号情報などを集約し、世界6億件以上の電話番号を活用し、識別します。今後、ユーザーによる迷惑電話番号情報の共有が増加すれば、さらに利便性が向上します。
LINE、知らない番号からの電話・SMSの発信元表示や着信拒否ができるアプリ「LINE whoscall」をリリース2

2.着信と同時に電話番号の発信元情報を識別
知らない電話番号からの電話やSMSの発信者情報を着信と同時に識別・表示します。電話に出る前から企業や店舗からの着信なのか、迷惑電話と思われる番号からの着信なのかが確認できるため、トラブルを未然に防ぐ効果が期待できます。
また、海外からの迷惑電話も識別することが可能です。

3.ワンタップで着信拒否
迷惑電話として識別した着信は、LINE whoscallのブロックボタンを押すだけで着信拒否ができ、二度とその電話番号からの着信を受け付けないよう設定できます。

4.オフラインでも利用可能
パケット代が気になる場合や、ネットワークが不安定な場合でも、データベースをあらかじめスマートフォンにダウンロードしておけば、インターネットに接続してなくてもリアルタイムに発信者情報を識別し、着信拒否することができます。
※オフラインでの利用は、日本・台湾・香港・韓国・米国のみ対応

LINE、知らない番号からの電話・SMSの発信元表示や着信拒否ができるアプリ「LINE whoscall」をリリース3

-アプリ, ニュース
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.