3D Systems、iPadを3Dスキャナにできる「iSense 3D scanner」を発表

 

3D Systems、iPadを3Dスキャナにできる「iSense 3D scanner」を発表1

3Dプリンタメーカーの3D Systemsが、現在米ラスベガスで開催されている世界最大級の家電見本市「CES 2014」にてiPadを3Dスキャナにできる「iSense 3D scanner」を発表した。

「iSense 3D scanner」はiPadに装着して専用アプリを利用することでiPadのカメラをハンドタイプの3Dスキャナにできる機器で、スキャンしたいものの周囲を撮影すると数秒程度でそれが3Dデータに変換される。変換した3Dデータは同社が販売する個人向けデスクトップ3Dプリンタシリーズ「Cube」で簡単に出力でき、また同社が運営している3Dデータ共有プラットフォーム「Cubify」に直接投稿することもできる。同社では2014年の第二四半期に499ドル(約5万円)で出荷予定とのこと。

3D SystemsはCESに合わせて各種3D関連機器の新商品を発表しており、先日も「Cube」シリーズの最新作「Cube 3」を発表している

林信行の「今そこにある未来」セミナー(1) 3Dプリンティングによる第3次iT革命 (カドカワ・ミニッツブック)
林信行の「今そこにある未来」セミナー(1) 3Dプリンティングによる第3次iT革命 (カドカワ・ミニッツブック)

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket