アプリ ニュース 仮想空間

LINEのスマホ向け仮想空間「LINE Play」、サービス開始から1年で1300万ユーザーを突破

投稿日:

LINEのスマホ向け仮想空間「LINE Play」、サービス開始から1年で1300万ユーザーを突破1

LINE株式会社が、同社が運営するメッセージングアプリ「LINE」に対応したアバターコミュニティアプリ「LINE Play」がサービス開始1年で1300万ユーザーを突破したと発表した。

「LINE Play」は、自分のアバターを設定して着せ替えやマイルームの模様替えを楽しんだり他のユーザーとコミュニケーションができるスマートフォン向けの2D仮想空間アプリ。2012年11月21日にプレオープン同年12月18日より正式サービスを開始したが、既にその間に100万ユーザーを獲得する人気ぶりで、さらに正式オープンから1ヶ月強で200万ユーザーを突破。現在では日本国内のみならず世界210の国と地域で利用され、1,300万ユーザーのうち海外ユーザーは680万人にまで拡大し、世界最大級のアバターコミュニティへと成長している。アバター間で挨拶ができる「ハート」のやりとりは累計57億回以上、画像やテキストで日記を書くことができる「ダイアリー」の利用回数は累計1億1,000万回(機能追加した2月20日~現在)、共通の趣味や関心ごとにチャット楽しめる「ラウンジ」での会話は累計16億回に及ぶなど、ユーザー同士のコミュニケーションも順調に成長しているという。さらに、2013年3月よりスタートした企業やキャラクター、芸能jんなどの「公式アバター」も好調で、浜崎あゆみの公式アバタールームには累計約3,670万人が訪問(4月12日~現在)、ハローキティの公式アバタールームには累計約3,390万人が訪問(6月13日~現在)、さらにパナソニック公式アバタールームには累計約700万人が訪問(3月29日~現在)しており、全ての公式アバタールームへの訪問回数は累計5億回にも上る。
同社では1周年と1300万ユーザー突破を記念し、「LINE公式アカウント」でアイテムと引き換えることができるギフトコードを配布するほか、11月26日より「LINE」で利用できるスタンプも無料でプレゼントする。

LINEのスマホ向け仮想空間「LINE Play」、サービス開始から1年で1300万ユーザーを突破2 LINEのスマホ向け仮想空間「LINE Play」、サービス開始から1年で1300万ユーザーを突破2 LINEのスマホ向け仮想空間「LINE Play」、サービス開始から1年で1300万ユーザーを突破3

LINE PLAY 公式活用ガイド 1,000万人以上が楽しんでいるアバターアプリ プライバシー設定から、つりとも攻略まで完全網羅!
LINE PLAY 公式活用ガイド 1,000万人以上が楽しんでいるアバターアプリ プライバシー設定から、つりとも攻略まで完全網羅!

-アプリ, ニュース, 仮想空間
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.