誰でもストーム・トルーパーになれる! ディズニーも3Dプリンタを使ったフィギュア製作を開始

 

誰でもストーム・トルーパーになれる! ディズニーも3Dプリンタを使ったフィギュア製作を開始1

米ディズニーが、同社のハリウッドスタジオにて5月17〜6月9日まで開催するイベント「Star Wars Weekends」にて、3Dスキャナと3Dプリンタを使用して来場者の「ストーム・トルーパー」のフィギュアを製作するサービスを行うと発表した。製作費は99.95ドル。

誰でもストーム・トルーパーになれる! ディズニーも3Dプリンタを使ったフィギュア製作を開始2

このフィギュアは、ストーム・トルーパーのデータの上に3Dスキャナで撮影した来場者の頭部のデータを重ね、1体のフィギュアとしてフルカラー対応の3Dプリンタで出力するというもの。サイズは7.5インチで、撮影後7~8週間以内に来場者の自宅に届けられる。
ディズニーでは以前にも来場者の顔を撮影して”カーボン冷凍”されたフィギュアを3Dプリンタで製作するサービスを行っていたが、今回はさらにそれを発展させた試みを行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket