Google、Google I/Oにて新ゲームサービス「Google Play game services」を発表

 

Google、Google I/Oにて新ゲームサービス「Google Play game services」を発表

米Googleが、現在サンフランシスコにて開催中の同社の開発者向けイベント「Google I/O 2013」にて新サービス「Google Play game services」を発表した。

「Google Play game services」は、ゲームのセーブデータをクラウド上に保存したり、プレイヤー同士をマッチングしたり、最大4人までのマルチプレイを実現したり、実績(アチーブメント)を共有したりとゲームのソーシャル機能を強化するサービスで、AndroidアプリだけでなくiOSアプリやWebなどマルチプラットフォーム対応も行うという。またプレイヤーのアカウントはGoogle+で管理される。
Google I/Oでは実際にGoogle Play game servicesを使って異なる環境から3人のプレイヤーが同時にゲームをプレイするデモも披露された。既に「World of Goo」「Super Stickman Golf 2」「Beach Buggy Blitz」「Kingdom Rush」「Eternity Warriors 2」などの一部のゲームアプリには「Google Play Game Services」が使用されているとのことで、アプリ開発者にはAndroid/iOS向けのSDKやWeb向けのJavaScript、Java、Python、Go、Dart、PHP用のREST APIが提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket