コスプレ感覚のフィギュア製作サービス 3D Systems、自分の顔写真から「スタートレック」のフィギュアを3Dプリントするサービスを提供開始

 

コスプレ感覚のフィギュア製作サービス 3D Systems、自分の顔写真から「スタートレック」のフィギュアを3Dプリントするサービスを提供開始

3Dプリンタメーカーの3D Systemsが、同社の3Dプリントサービス「Cubify」にて顔写真を元に人気SFドラマシリーズ「スタートレック(Star Trek)」のオリジナルフィギュアを3Dプリンタで製作するサービスを開始した。

3D Systemsはこのサービスの提供のため今年1月にスタートレックの版権元と業務提携を行っていた。具体的なサービスの内容は、表面と真横から撮影した2枚の顔写真をCubifyの専用ページにアップロードして自分の好きなスタートレックのキャラクターを選択すると、写真を元に生成した顔のデータとキャラクターのコスチュームのデータとを組み合わせてフルカラーのフィギュアを作ってくれるというもの。フィギュアの出力にはフルカラー3Dプリンタ「ZPrinter TM 650」が使用され、発注から約1日で手元に届くという。製作費は1体69.99ドル(約7,000円)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket