SFドラマ「スタートレック」シリーズ、3Dプリンタでオリジナルフィギュアを製作するため3D Systemsと業務提携

 

SFドラマ「スタートレック」シリーズ、3Dプリンタでオリジナルフィギュアを製作するため3D Systemsと業務提携

アメリカの人気SFドラマシリーズ「スタートレック(Star Trek)」が、3Dプリンタを使用しオリジナルフィギュアを作るサービスを展開するため3Dプリンタメーカーの3D Systemsと業務提携を行った。

このサービスは、顧客の顔を3Dスキャナでスキャンしてデータ化し、それをスタートレックのキャラクターのコスチュームのデータと組み合わせて3Dプリンタ「ZPrinter TM 650」で出力するというもの。サービスは3D Systems傘下で個人向け3Dプリンタの販売及び3Dプリント出力サービスを行っている「Cubify」が担当する予定。サービス開始時期についてはまだ未定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket