米大手小売チェーンのStaples、6月末より3Dプリンタの販売を開始

 

米大手小売チェーンのStaples、6月末より3Dプリンタの販売を開始

アメリカのオフィス用品の大手小売チェーンのStaplesが、6月末より一部の店舗とサイト上で3D Systemsの家庭用デスクトップ3Dプリンタ「Cube 3D Printer」の販売を開始すると発表した。価格は1299.99ドル(約12.8万円)。

Staplesは全米に店舗を持つ文房具からOA機器までを取り揃えるオフィス用品の総合チェーン店。「Cube 3D Printer」は最大5.5インチ四方までの立体を出力できる3Dプリンタで、Staplesで販売されるセットの中には25種類の3Dデータのテンプレートも含まれる。3Dプリンタがメジャーな小売店の店頭に並ぶのはおそらくこれが初の事例となる。

米大手小売チェーンのStaples、6月末より3Dプリンタの販売を開始2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket