玩具メーカーのマテル、ARでメイクを楽しめる女児向け玩具「Digital Makeover Mirror」を発表

 

ARでメイクを楽しめる女児向け玩具「Digital Makeover Mirror」を発表

大手玩具メーカーのマテルが、2月10〜13日に米ニューヨークにて開催された北米最大の玩具見本市「TOY FAIR 2013」にてAR(拡張現実)を利用した女児向け玩具「Digital Makeover Mirror」を発表した。

「Digital Makeover Mirror」はiPadと組み合わせて遊ぶ”ARメイクアップ玩具”。ドレッサー型の玩具の枠にiPadをセットして顔を認識させ、付属のメイクアップブラシでリップやチーク、アイシャドウなどの種類や色を選択して顔に重ねるとiPad上の顔にそれが反映される。メイクアップは顔に追従するようになっており、顔の位置や角度を変えても反映される。また仕上げに付けまつげやラインストーンを付けることも可能で、メイクアップ後の画像を保存することもできる。具体的な発売時期はまだ未定だが、今年中には一般発売予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket