フジテレビとDeNA、Mobageにて本格派競馬ゲーム「競馬カードコレクション」を提供開始

 

フジテレビとDeNA、Mobageにて本格派競馬ゲーム「競馬カードコレクション」を提供開始1

株式会社フジテレビジョン株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)が、Mobageにて本格派競馬ゲーム「競馬カードコレクション」の提供を開始した。

「競馬カードコレクション」は、フジテレビとDeNAが共同で企画立案し制作をDeNAが担当したソーシャルゲーム。開発パートナーとして株式会社カヤックも参加している。ゲームの内容は、ユーザーがオーナーとなって競走馬カードや騎手カードを育成し、ライバルと切磋琢磨しながらNo.1 オーナーを目指すというもの。実際に競馬中継番組を制作しているスタッフ陣によるアイデアが盛り込まれており、さらに日本中央競馬会(JRA)の協力により競馬場名やレース名、競走馬、騎手たちもすべて実名・実写でゲームに登場する。競走馬のラインナップは、シンボリルドルフ、ディープインパクト、オグリキャップなどの歴史に残る名馬のほか、ジェンティルドンナやオルフェーヴルなどの近年の名馬まで世代を超えて勢ぞろいしており、多くの競走馬の中から自分の好きな馬を選んで育成することができる。

フジテレビとDeNA、Mobageにて本格派競馬ゲーム「競馬カードコレクション」を提供開始2

(C)フジテレビジョン
(C)DeNA
Developed by KAYAC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket