SCE、クラウドゲーミングサービスのGaikaiを3億8000万ドルで買収

 

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下SCE)が、クラウドゲームサービスの技術を開発・提供するGaikai Inc.を買収することで同社と6月30日に正式契約を締結したと発表した。買収金額は約3億8000万ドル。この買収により、今後SCEは新しいクラウドサービスを立ち上げ「革新的で没入感のあるインタラクティブなエンタテインメント体験」を提供するとしている。

Gaikaiは2008年に設立されたゲームをサーバー側に置いて”ストリーミング配信”するクラウドゲーミングサービスを提供している企業。クライアントサイドに負担をかけることがないので、この技術を利用すれば低スペックな端末でもハイクオリティな3DCGのゲームをプレイすることができる。同社は今月始めにスマートTVに向けてゲームを配信するため韓国のサムスンとも業務提携を行った
SCEでは今回の買収により、Gaikaiの高い技術力及び世界数十カ国でパートナー各社向けにサービス展開可能なデータセンターを活用しクラウドサービスを立ち上げ、ネットワークビジネスを拡大していくとのこと。SCEグループCEOのアンドリュー・ハウス氏は今回の買収に際し「SCEがこれまでプレイステーションビジネスで得た豊富な知見や経験とGaikaiの技術、人材等のリソースとの融合を通じ、圧倒的なクラウドエンタテインメント体験をユーザーの皆様にご提供します。カジュアルなコンテンツや高い描写力、没入感のあるゲームを含む幅広いコンテンツを時間や場所を問わずストリーミングでインターネットに接続されたネットワーク対応機器上でお楽しみいただける、最高のクラウドサービスを世界中のユーザーの皆様にお届けしてまいりますので、ご期待ください。」とコメントしている。またGaikai CEOのデビッド・ペリー氏も「SCEは、プレイステーションという素晴らしいブランドを構築し、世界中のユーザーの皆様から絶大な支持を受けています。SCEが実現を目指すインタラクティブなクラウドサービスの迅速な展開とそれによるSCEビジネスの拡大への貢献、ライセンシー様への新たな可能性の提案、そして、魅力的なコンテンツをより一層手軽にお楽しみいただけるようにすることで、世界中のユーザーの皆様が驚くような新しいエンタテインメント体験の提供ができることを光栄に思っております。」と述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket