電通、書籍プロモーションARアプリ「ミル+」を本格稼動

 

株式会社電通が、書店向けのARアプリサービス「ミル+」(ミルタス)を開発した。今後電通では同サービスを書籍プロモーションに活用するため、株式会社WAVE出版と共同で準備を進め、6月29日より出版社4社の協力を得て本格稼働を開始する。

「ミル+」は、スマートフォンのカメラを利用したARアプリで、書籍の表紙を撮影すると自動的に指定のWebサイトに接続し、当該書籍の出版社が提供する画像や音声をスマートフォンの画面上で再生することができるというもの。同サービスは5月7日から出版社4社(WAVE出版、サンマーク出版、大和書房、フォレスト出版)と有隣堂3店舗、三省堂本店の協力を得て新刊書籍8冊で先行実験を行ったた、その結果、店頭への集客策や書籍の販促活動の一助となるほか、SNSとの連動で出版社と読者に新しい関係性が生まれるといった複数のプラス効果が見られ、ミル+が書店の店頭を活性化する起爆剤に成り得ることが分かったという。こうした状況を踏まえ、電通はこのミルタスを本格稼働させるために、今般先行実験に携わった出版社4社と共に「ミル+推進協議会」を立ち上げた。今後はこの協議会を中心に電通がその事務局機能を担い、より多くの出版社や書店に参加を呼び掛けながらミル+の普及促進を図っていくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket