【4月1日】KLab、人気ソーシャルゲーム「恋してキャバ嬢」をリアル店舗でオープン!

 

KLab株式会社が、同社の人気ソーシャルゲーム「恋してキャバ嬢」「恋してキャバ嬢GP」をリアル店舗化すると決定し、4月1日に港区六本木にキャバクラ「KLab Roppongi」をオープンすると発表した。

「恋してキャバ嬢」「恋してキャバ嬢GP」は、mixi、Mobage、GREE、の各SNS上にて提供されているソーシャルゲームで、合計ユーザー数が600万人を越える人気タイトル。同社は新規事業を行う理由について、「恋してキャバ嬢」とのシナジー効果を見込むことができるからであり、役員が女装に病みつきになったからではないと説明。 但し新規開店する「KLab Roppongi」では社長以下役員全員がキャストとして接客を行うという。店舗名「KLab Roppongi」は、KLabのオフィスが六本木に在るため「六本木のクラブ」と呼ばれていたことに由来するとのこと。
なお、「KLab Roppongi」オープンに伴い社長の真田哲弥氏は肩書を代表取締役社長(CEO)から代表取締役ママ(CEM=Chief Excective Mama)へ変更。TETSUKOママとして経営・管理・キャストマネージメントを担いつつ接客も行っていく。また、取締役の五十嵐洋介氏は撮影日にバックレたため最高執行黒服(COK=Chief Operating Kurofuku)に就任。 同じく取締役の中野誠二氏はその風貌から中野デラックスという源氏名を名乗る。
「KLab Roppongi」の料金については原則無料で楽しむことができ、来店するともらえる来店ボーナスや友達を招待するともらえる招待ボーナスでドリンクの支払いなどをすることができる。但しワインなどの高級アイテムを買うには有料のコインが必要。また制限時間は30分で、制限時間を越えて遊び続けたい場合も有料コインで回復剤を購入する必要がある。さらにガチャでカードを引き当てると、該当するKLab役員とアフターや同伴を楽しむことが可能で、全ての役員をコンプリートするとKLabを乗っ取ることもできるという。

今後同社では六本木のキャバクラ店に続き、様々な業態の店舗を様々なプラットフォームに出店していく予定とのことで、男性専門店を”モホゲイTown”に、男女どちらもOKな方向け店舗を”グレー”に、デブ専の店舗を”ニクシィ”にそれぞれ出店する計画だという。

※今日はエイプリルフールです。真田社長のFacebookのプロフィールも必見!

恋してキャバ嬢 バラエティファンブック
恋してキャバ嬢 バラエティファンブック

「恋してキャバ嬢」デートCD Vol.1
「恋してキャバ嬢」デートCD Vol.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket