【4月1日】面白法人カヤック、光学迷彩ARの開発に成功

 

面白法人カヤックが、AR (拡張現実)技術を用いて物体を見えなくする技術「光学迷彩」の開発に成功したと発表した

これまでの光学迷彩ARは周辺の光が漏れてしまい、空間での位置が特定できてしまうほか「中途半端に透明だから逆に目立つ」「ボディラインが強調されて恥ずかしい」など
多くの課題点が残されていた。しかし今回カヤックによって開発された完全な光学迷彩AR
は、まるでそこに何も存在しないかの如く完全に透明なもの。同社によれば「人間の網膜の特性」と「ARの重大な欠陥」を逆に利用して実現したという。

※今日はエイプリルフールです。カヤックの他の発表もかなり面白いので是非ご覧下さい

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket