GREEと高知県、協働で地域のソーシャルゲーム産業を支援

 

グリー株式会社と高知県が、県経済の活性化や若者の雇用の場の確保を図るため、協働でソーシャルゲーム産業の創出に取り組むと発表した。その第一弾として本日よりフィーチャーフォン向けGREEにて新作ノベルゲーム「小悪魔の条件」を提供する。

「小悪魔の条件」は、高知県にソーシャルゲーム産業を創出することを目的として、高知県と株式会社四国銀行により設立された「高知コンテンツビジネス創出育成協議会」が主催する「高知県ソーシャルゲーム企画コンテスト」の第1回入賞作品を、地元の開発デベロッパー(株式会社高知電子計算センター及び株式会社高知システムズ)がゲーム化したもので、自治体が開発支援を行った全国初のソーシャルゲームとなる。内容は、ユーザーがゲームに登場するイケメンを思うままに振り回しながら、恋をして楽しむ“小悪魔”体験を満喫し、全国各地のイケメンをコレクションし、他のユーザーと気に入ったイケメンを奪い合うというもの。同タイトルの音楽は「ファイナルファンタジーシリーズ」の作曲者で高知県出身の植松伸夫氏が担当しており、イベントクリア時に入手することも可能。またゲームに登場するナビゲーションキャラクター(ナビキャラ)は女の子に大人気で同じく高知県出身の上北ふたご氏(講談社「なかよし」にて「スイートプリキュア♪」のコミカライズを連載中)の描き下ろしとなる。

©株式会社高知電子計算センター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket