サイバーエージェントの「Ameba」、ユーザー数2000万人を突破

 

株式会社サイバーエージェントが、同社が運営するコミュニティ「Ameba」のユーザー数が2011年12月30日時点でが2,000万人を突破したと発表した。これを記念し、「Ameba」サービスを横断して
展開する「2,000万会員突破!ありがとうキャンペーンを1月10日〜1月23日まで実施する。

「Ameba」は2004年9月にサービスを開始して以来、ブログを中心に仮想空間「アメーバピグ」やミニブログ「Amebaなう」など様々なサービスの開発や機能拡張を行い順調に利用者数を伸ばしてきた。特に2009年2月にサービス開始した「アメーバピグ」は2011年11月時点で利用者数が1,000万人を突破しているほか、2011年はスマートフォンからの利用が増え、1年間で月間ページビュー(PV)数が10倍以上に拡大するなど急速に成長を続けている。
「2,000万会員突破!ありがとうキャンペーン」では、「Ameba」が提供する様々なサービスを横断した企画を、PC・モバイル・スマートフォンにて展開。「アメーバピグ」にてキャンペーン限定アイテムを20アメゴールドから販売するほか、「Amebaモバイル」の人気ゲーム4タイトルでもそれぞれキャンペー
ン限定アイテムをプレゼントする。また、キャンペーン期間中に仮想通貨「アメゴールド」を購入したユーザー全員を対象に総額2,000万アメゴールドを均等に配分して還元するなど、様々な企画を実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket