NHN Japan、ネイバージャパン、ライブドアの3社が来年1月に経営統合

 

NHN Japan 株式会社、及びNHN Japanの子会社であるネイバージャパン株式会社と株式会社ライブドアの3社が、2012年1月1日に経営統合を行うと発表した。

現在NHN Japanグループは、ゲーム・検索・ポータル・メディア・データセンター事業を持つ総合インターネット企業グループとしてサービスを提供しており、グループ全体のPC市場におけるユニークユーザー数は月間4,308万人を数え国内4位の規模に成長している。また昨年以降スマートフォン事業を強化しており、2011年8月末にはグループ全体のスマートフォンアプリ累計ダウンロード数が1,000万件を突破、現在1,700万ダウンロードを超える規模に達しているという。
その一方で国内のみならずグローバルでの競争が激しさを増しており、これまで以上に事業を加速度的に成長させるために3社が経営統合を行い、さらなる連携を図っていくことが最良の選択であるとの判断に至ったとのこと。2012年1月1日に3社が統合してスタートする新NHN Japanは、ゲームとウェブサービス(検索・メディア・SNS)という、現在のインターネット市場の中核を構成している各事業を開発から運営まで一貫して手掛ける国内唯一の企業となる。サービスとしての「ゲーム」「ウェブサービス」の連携のみならず、収益モデルとしての「課金」と「広告」、さらにゲーム・ウェブ・検索・アプリ・インフラなどの分野で約400名のエンジニア・デザイナーを有する「国内最大級の開発力」を有機的に組み合わせることで革新的なサービスを提供し、まずはスマートフォン事業でNo.1、さらに国内No.1 総合インターネット企業となることを目指すとしている。
尚、新生NHN Japanは、ネイバージャパンとライブドアのメディア事業を統合したウェブサービス本部とゲーム本部で構成され、「Hangame」「Naver」「livedoor」のブランドは今後も活用していき、ライブドアのデータセンター事業についてはライブドアの商号を変更し「株式会社データホテル」として事業を行なっていく。代表は引き続き森川亮氏が務め(ゲーム本部代表兼任)、ウェブサービス本部はライブドア代表の出澤剛が就任。データホテルの代表にはライブドア執行役員ネットワーク事業部長の嶋田健作氏が就任する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket