ニュース 仮想空間

PlayStation Home、今秋に全面リニューアル

投稿日:

アメリカのPlaystation.Blogによれば、SONYのPS3向けの3D仮想空間「PlayStation Home」が今秋を目処に全面リニューアルされるという。

PlayStation Homeは2008年よりサービスを開始したPS3ユーザー向けの3D仮想空間。各国リージョンごとにこれまで多くのブランドや映画、コンテンツなどとタイアップを行い、仮想アイテムの販売やコラボレーション空間の提供、イベントの開催など様々な試みを行ってきた。現在全世界に2300万人以上のユーザーを有している。
今回発表されたリニューアル案によれば、今後PlayStation Homeは"ゲームのプラットフォーム"的なサービスになるとのこと。これまで「セントラルプラザ」という名称だった中央スペースを「Hub」に改称すると共に外観も未来的なデザインに変更。ここから各種ゲームやクエスト、コミュニティ・イベント、ユーザーが作成したコンテンツなどに移動できるようにする。そしてさらにアクションやシューティング、ホラーゲームで遊べる「Action District」、スポーツがテーマとなったゲームスタジアム「Sportswalk」、アドベンチャー系ゲームの「Adventure District」、パズルやアーケードゲーム、大観覧車などが用意された遊園地のような場所「Pier Park」といったテーマ別エリアも設けられるとのこと。
なお、SONYではHomeのクライアントのアップデートも行う予定だという。

-ニュース, 仮想空間
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.