【レポート】KONAMIの人気ソーシャルゲーム「ドラゴンコレクション」が週刊少年マガジンでコミック化!プレス発表会レポート

 

コナミ株式会社(以下KONAMI)が8月18日(木)、東京ミッドタウンにて同社がGREEで提供中の人気ソーシャルゲーム「ドラゴンコレクション」に関するプレス向け発表会を開催し、講談社、サントリー、ローソンとのコラボレーション企画や今後の展開を発表した。

「ドラゴンコレクション」は、KONAMIがGREEにて提供しているカードゲームタイプのソーシャルゲーム。ガラケーとスマートフォンの双方に対応しており、今年2月に発表された「GREE Platform Award 2010」にて総合大賞を受賞。また2011年8月17日時点でGREE総合ランキングで44週連続、GREE女性ランキングで31週連続でNo.1を維持しており、現在のユーザー数は300万人以上という人気タイトルだ。ゲームの主な内容は、エリア毎に設けられている様々なクエストをクリアしていきながらランダムに登場する「モンスターカード」や「秘宝」を集め最強のドラゴンマスターを目指すというもの。ユーザー同士で協力してクエストを攻略したり、対戦したり、また集めたカードを”合成”してパワーアップさせる機能もある。

■ローソンでBOSSを買ってアイテムGET!
まず最初に発表されたコラボレーション企画は、コンビニのローソンとサントリーコーヒー「BOSS」シリーズとのタイアップ。8月30日~9月12日までの期間中にローソンで対象商品のBOSSを購入すると、もれなく「ドラゴンコレクション」のゲーム内で使用できるオリジナルアイテムが入手できるというもの。BOSSを購入したレシートにはキャンペーンサイトのURLと応募番号が記載されており、サイトにアクセスして応募番号を入力すると1本につき1ポイントが付与される。5ポイントまでは1ポイントごとに「回復薬」が、6ポイント貯めると限定モンスター「BOSSイーツ」がGETできる。

さらに6ポイント貯めたユーザーには抽選で1000名に「Sレア」モンスターが手に入るガチャチケットが、同じく抽選で5000名に「レア+」モンスターが手に入るガチャチケットがプレゼントされる。またサイトで1ポイント以上登録したユーザーを対象に、抽選で5000名に「ドラゴンコレクション」の”最弱”モンスター「ジェリー」のフィギュアアクセサリーもプレゼントされる。対象となるBOSSシリーズは以下のとおり。

・ボス レインボーマウンテン ブレンド 190g
・ボス 贅沢微糖 190g
・ボス 無糖ブラック 185g
・ボス カフェオレ 190g
・ボス ゼロの頂点 185g
・ボス シルキーブラック 300g
・ボス シルキーブラック 400g

ローソンのキャンペーンページはこちら
http://www.lawson.co.jp/campaign/static/dcl/?ca=top_cam_003

 

■マガジン5誌と合同タイアップ!
次の講談社とのコラボレーション企画の発表では、「ドラゴンコレクション」に登場するモンスターのコスプレをした「ミスマガジン2011」の4人が登場。今後彼女達は「ドラゴンコレクション」をアピールしていく”ドラコレガールズ”として様々な活動を行っていくとのこと。


(左から)衛藤美彩さん(サキュバス)、綾乃美花さん(天邪鬼)、秋月三佳さん(ワータイガー)、朝倉由舞さん(アプサラス)

そして講談社の”マガジン”の名を冠する5誌「週刊少年マガジン」「ヤングマガジン」「月刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」「マガジンSPECIAL」と合同で実施する「マガジン5誌連合プロモーション」が発表された。これは各誌の該当号に掲載されるQRコードを読み取ると、各誌ゆかりの漫画家が描き下ろしたオリジナルのモンスターカードがGETできるというもの。さらに抽選で「レア+」「Sレア」モンスターも手に入るキャンペーンも実施される。

各誌のQRコード掲載スケジュールとラインナップは以下のとおり。

・週刊少年マガジン(2011年8月31日発売号)
 描き下ろし3種類の中からプレイヤーの属性に対応した1種類のモンスターカード
・ヤングマガジン(2011年9月5日発売号)
 朝基まさしさん(「サイコメトラーEIJI」作者)描き下ろしモンスターカード
・月刊少年マガジン(2011年9月6日発売号)
 あだちとかさん(「ノラガミ」作者)描き下ろしモンスターカード
・別冊少年マガジン(2011年9月9日発売号)
 雷句誠さん(「どうぶつの国」作者)描き下ろしモンスターカード
・マガジンSPECIAL(2011年9月20日発売号)
 木下由一さん(「くろのロワイヤル」作者)描き下ろしモンスターカード

 

■「ドラゴンコレクション」が週刊少年マガジンでコミック化!

そして3番目の発表は週刊少年マガジン誌上での「ドラゴンコレクション」の漫画化決定について。タイトルは「ドラゴンコレクション 竜を統べるもの」で、KONAMIの原案・監修のもと金城宗幸さんがシナリオを執筆し芝野郷太さんが作画を担当。8月31日発売号から連載がスタートするという。


週刊少年マガジン編集長の森田浩章さんによれば、昨年末にKONAMIから漫画化の相談があり、当初はゲームと漫画のコラボレーションの実現はハードルが高いため断るつもりだったという。しかし”断る理由を探すため”実際に「ドラゴンコレクション」をプレイしてみたところ、森田さんをはじめ週刊少年マガジンの編集部皆がハマってしまい見事漫画化されることが決定したとのこと。ちなみに森田さんの現在のレベルは109(!)だそうだ。
尚、漫画化に当たってKONAMIは「世界観を守る以外は自由にやっていい」と特に制限は設けなかったそうだが、森田さんによれば逆にそれがプレッシャーになったという。今後の展開については2011年末に単行本を発売するそうだが、こちらもKONAMIとの協力で仕掛けを考えているとのこと。

 


最後に、「ドラゴンコレクション」を実際にプレイしているユーザーだというタレントのローラさん、お笑い芸人のTKO(木本武宏さん、木下隆行さん)の3人が登壇しトークセッションが行われた。3人とも仕事の合間や移動中などにスマートフォン版をプレイしているという。


トークセッションのラストでは3人が漫画版「ドラゴンコレクション」の導入部分を”生アテレコ”で再現する一幕も。漫画版の設定は「現代」で、突如モンスターが学校に現れ少年がモンスターに襲われる。そこへ謎の少女が現れて…その後の展開は是非8月31日発売号の週刊少年マガジンをチェックしてみて欲しい。

(C)Konami Digital Entertainment

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket