DeNA、スウェーデンとシンガポールに現地法人を設立

   2011/08/23

株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)が、スウェーデンとシンガポールに現地法人を設立すると発表した。どちらもDeNAの子会社として設立されるとのことで、名称はシンガポール法人は「DeNA Asia Pacific Holdings Pte. Ltd.」、スウェーデン法人は「DeNA Sweden LLC」になるという。

「DeNA Asia」はDeNAグループの東南アジア・南アジアにおけるソーシャルゲーム事業の統括拠点となり、シンガポールを含む東南アジア・南アジアのデベロッパーへの開発支援やゲームの調達、デベロッパーとの提携・買収などによるゲーム開発体制の構築を図っていくほか、グローバル版「Mobage」の同地域向けローカライズを担う拠点として機能を拡大していく。設立は9月1日(木)を予定しており資本金は50万シンガポールドル(約3100万円)、代表には森徹也氏が就任する。

「DeNA Sweden」は、DeNAグループが世界各国に拡充しているゲームスタジオの拠点の一つとして機能するとのことで、Electronic Arts(EA)で基本プレイ無料・アイテム課金型オンラインゲーム部門の統括をしていたBen Cousins(ベン・カズンズ)氏が代表に就任する。今後スウェーデンのゲーム開発者が中心となってゲーム開発を推進していくとのことで、同社で開発されたタイトルはグローバル版「Mobage」向けに提供される。なお、同社は開発ゲームのジャンルをファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)に絞り、DeNAの米子会社であるngmocoが開発したゲームエンジン「ngCore」を用い、コンソールゲームと同等のクオリティを実現していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket