米14歳が初めて開発したiOSアプリがランキング1位に

   2013/01/07

米14歳が初めて開発したiPhoneアプリがランキング1位に

アメリカのIT系ニュースサイト「All Things Digital」が伝えるところによれば、米ユタ州に住む8年生(日本の中学2年生に相当)のRobert Nay君(14歳)が開発したiOS向けの無料ゲームアプリ「Bubble Ball」のダウンロード数が北米のAppStoreゲーム部門の首位にランクインしたという。長らく首位をキープしていたAngry Birdsの無料お試し版「Angry Birds Lite」を下しての快挙だ。

Nay君は元々Webプログラミングが好きだったそうだが、彼をよく知る友達からスマートフォン向けゲームの開発を勧められ「Bubble Ball」の開発に着手。それまで彼はアプリ開発の経験は無かったが、図書館でプログラムについて調べ、モバイルソフトウェア会社のAnsca Mobileが公開しているモバイルアプリ制作用のツール「Corona SDK」を使用して「Bubble Ball」を開発した。尚、グラフィックデザインはNay君のお母さんKari Nay氏が担当したという。
「Bubble Ball」は昨年12月29日にApp Storeにてリリースされたが、公開後2週間で100万ダウンロードを突破しトップに躍り出た。Nay君にはまだゲームのアイデアがあるそうなので、今後も「Nay Games」のブランド名でアプリ開発を続けていくという。現在「Bubble Ball」はAndroid版もリリースされている。

無料
(2013.01.07時点)
posted with ポチレバ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket