サイバーエージェント、海外向けスマートフォンアプリ事業を開始

 

株式会社サイバーエージェントが、12月1日より米サンフランシスコにスマートフォンアプリの開発拠点を設置し、海外向けスマートフォンアプリ事業を開始すると発表した。


現在、同社は海外事業としてユーザー数270万人の2D仮想空間「AmebaPico」や同じく2D仮想空間の「TinierMe」(ジークレスト提供)などを運営している。今回同社ではこれらに加え新たに海外向けスマートフォンアプリ事業も開始。PCプラットフォーム向けソーシャルゲーム及びスマートフォンアプリの開発・運営を海外におけるメディア事業として強化するという。これに伴い、12月1日に米サンフランシスコにスマートフォンアプリの開発拠点を設置するほか、現在30名いる海外事業人員を2012年9月末までに100名体制へとする計画のもと、エンジニアを中心に日本国内および米国での採用を進めていく。
尚、海外向けスマートフォンアプリについては、2011年3月に第1弾の提供を予定しており、2011年9月までに8アプリの提供を目指すとしている。
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.