AR ニュース

旅行書の「Lonely Planet」、Android向けARアプリをリリース

更新日:

旅行書の「Lonely Planet」、Android向けARアプリをリリース

旅行書専門の出版社であるLonely Planetが、オーストリアのディベロッパーのWikitudeと共同でAndroid向けの旅行ガイドAR(拡張現実)アプリをリリースした。Android Marketで4.99ドルにて提供中。

Lonely Planetは世界中でベストセラーになっている同名の旅行ガイドブックを発行している出版社。500種類を超える国々・都市をカバーしており、詳細な取材に基づいた内容が特徴だ。今回リリースされたLonely Planet ARアプリは、世界中から特に旅行者に人気のある都市「アムステルダム」「バンコク」「バルセロナ」「北京」「香港」「イスタンブール」「ロンドン」「パリ」「プラハ」「ローマ」「ソウル」「シンガポール」「東京」「シドニー」「バンクーバー」「ボストン」「シカゴ」「ロサンゼルス」「ラスべガス」「マイアミ」「ニューオリンズ」「ニューヨーク」「サンフランシスコ」「シアトル」「ワシントンDC」の計25か所をピックアップし、現地でその情報をARで提供するというもの。AndroidのコンパスとGPSを利用しており、現地でAndroid携帯のカメラをかざすと、風景の上に旅行者向けの情報が表示される仕組みになっている。

Lonely Planet日本語ページ
http://www.lonelyplanet.com/jp/

-AR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.