Rezzable、Unityを使用しOpenSimをWebブラウザ上で閲覧できるビューワを導入

   2013/04/13

Rezzable、Unityを使用しOpenSimをWebブラウザ上で閲覧できるビューワを導入

OpenSimを使用し歴史について学べる仮想空間「Heritage Key」を運営するイギリスのコンテンツプロバイダーのRezzableが、ゲームエンジン「Unity」を使用しOpenSimをWebブラウザで閲覧できるビューワを導入した。現在そのαテストを行っている。

Rezzableはかつてセカンドライフを拠点にハイクオリティなコンテンツを製作していたクリエイター集団。その後活動拠点をOpenSimへと移し、世界史や歴史遺産について学べるOpenSim「Heritage Key」を構築した。現在Webブラウザビューワのαテストとして「Gallery Preview」をリリースしフィードバックを募集している。利用にはユーザー登録が必要。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket