中国の河源市博物館がHiPiHiに仮想博物館をオープン

 

中国の河源市博物館がHiPiHiに仮想博物館をオープン
中国・広東省河源市にある歴史・自然博物館の河源市博物館が、中国の3D仮想空間「HiPiHi」に参入し仮想博物館をオープンした。展示物の目玉はリアルに再現された恐竜・ティラノサウス・レックスの巨大オブジェクトだ。


河源市博物館は、1132年に建てられた亀峰塔の隣にある中規模の博物館。市内で発掘された恐竜の化石や秦代~宋代までの古銭や陶器などの遺物が展示されている。
HiPiHiの中に建設された博物館では実際の展示物を正確に3Dオブジェクトで再現。さらに仮想イベントが行えるホールやミーティングスペースも設置されている。
HiPiHi
http://www.hipihi.com/
関連記事:
HiPiHi、超リアルな武漢市を再現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.